:。:.+.☆ いや…. リリースから刺さるまでのダーツを. どのようにダーツが飛べばその角度で刺さるか. — タクロー@プロダーツ選手 (@180180141darts) 2019年4月7日. ダーツを始めたばかりで、何から始めて良いのかわからない…何かコツは無いの?練習方法やダーツのが上手くなるためにやるべきことを知りたい。という方に向けて、今回は初心者のときにやった方が良いこと、コツ5選を紹介します。 ダーツってどうやって投げればいいのか分からない。初めてダーツをするときにまず悩むのが、正しい投げ方でしょう。ここでは、ダーツをすぐに始められる基本の動作や上達のコツ、知っておきたいマナーについて紹介します。, ダーツの握り方には、『2フィンガー・3フィンガー・4フィンガー』の3つの種類があります。どの投げ方が正しいということはなく、プレイヤーそれぞれ、自分が一番投げやすいグリップを選ぶことが上達のポイントです。, すべての指でバレルを握るわけではありませんが、バレルを握る指がスローイングの軸になるため、それを意識して自分に合った握り方を選ぶといいでしょう。それぞれのグリップについて特徴を紹介します。, 親指と人差し指の2本の指を使ってダーツを握る方法です。バレルに触れている指の数が少ないため、リリースの際に指が引っかかりにくいというメリットがあります。, 指が引っかかりにくく変な方向に矢が飛んでしまうというリスクを抑えられる反面、構える際にダーツが安定しないという欠点もあるグリップです。, 3フィンガーグリップは、親指と人差し指でバレルを挟み、中指を添えるようにして握ります。2フィンガーグリップに比べ安定感があり、投げる際に指が引っかかることも少ないため、初心者にオススメのグリップとされているでしょう。, 3フィンガーグリップで使った親指・人差し指・中指に加え、薬指も使った4本の指で握るグリップです。, 最も安定感があり、リリースする際に矢がすっぽ抜けてしまうということが少なくなる反面、多くの指を使うため、指が引っかかりやすいという特徴があります。, それぞれの投げ方にメリットとデメリットがありますが、最もポピュラーな3フィンガーグリップは、2フィンガーグリップと4フィンガーグリップそれぞれの良さを合わせた魅力があります。, ダーツを投げる際に重要なポイントの1つが『スタンス(立ち方)』です。スタンスは、ダーツを投げる上で体の土台となる部分であるため、ダーツを安定して投げるために非常に重要な箇所と言えます。, 体がぐらついてしまったり斜めになってしまうと、まっすぐダーツが飛ばない原因になってしまうため、しっかりと立てるようにすることを心がけましょう。, 最も基本的で、プロ・アマチュア問わず親しまれているスタンスが、ボードに対して斜めに立つ『ミドルスタンス』です。, スローラインに対して右足を45度程度に開き、ボードの方を向いて構えます。ダーツボードが見やすく楽な体勢で構えることができるため、変な力が体に加わることなく安定してリリースすることができます。, バランスが良いスタンスで、スローイングの際に腕からひじ、手首、ターゲットを一直線上にしてリリースすることができます。, バランスが良く安定性に優れている反面、スローラインに対する足の角度を毎回調整する必要があり、同じ角度に調整するのが難しいという点もあります。, 『クローズドスタンス』は、足と体をスローラインとダーツボードに対して真横(平行)にするスタンスで『サイドスタンス』という別名でも呼ばれています。, 足をスローラインに対してギリギリの位置に置くため、他のスタンスに比べリリースポイントがボードに一番近くなり、ターゲットを狙いやすくなるという特徴があります。, ボードに近い位置で安定してリリースできる反面、顔と体をねじった状態で構えるため、他のスタンスに比べ負担が大きく疲れやすいという特徴もあります。, スローラインに対して、足を直角に置くスタンスです。体がダーツボードの正面を向くスタンスで、これを『オープンスタンス』と言い、別名『フロントスタンス』と呼ばれています。, ダーツボードが見やすい他に、直立姿勢で体の負担が少ないという反面、ダーゲットからの距離が他のスタンスに比べ遠くなってしまい、狙いにくいというデメリットがあります。, 体がダーツボードの正面になるため、スローイングのポイントとターゲットを一直線上に乗せて狙えないという点からも、他のスタンスに比べ採用している人が少ない珍しいスタンスと言えます。, ダーツでは、スローイングを行う際に4つの基本的な動作に注意することが上達のポイントとされています。, スローイングの際、ひじを固定し支点にすることが全体的なポイントですが、ここではスローイングを4つの動作に分けて、それぞれの動作におけるポイントを紹介します。, 『ユーミング』は、ダーツのスローイングにおいて一番初めの動作『構え』のことを言います。ユーミングの際に注意したいことが『力まない』ということです。, 手首に力が入ってしまうと、その後のリリースの際にコントロールが乱れやすくなってしまいます。構えた際は手首の力を抜いて脱力し、投げる瞬間だけ力を入れるようにしましょう。, ダーツを練習していく際に悩むポイントの1つがテイクバックをする際の『手首の位置』です。ユーミングから無闇にテイクバックしてしまうと、持っていたダーツの矢が顔に当たってしまうということが起こり得ます。, このような現象を避けるためにテイクバックで注意したいのが、『手首と顔との距離感』です。テイクバックの際は、ダーツの矢が顔に当たらない位置から力まずにリリースできるよう位置関係を身につけるようにするといいでしょう。, 『リリース』とは、スローイングにおいてダーツを指から離す瞬間のことを言います。リリースする際のポイントは、ターゲットまでの軌道をイメージして、その軌道に矢を乗せるようにすることです。, リリースする際には、2つの注意点があります。1つ目は『すっぽ抜け』です。すっぽ抜けは、ダーツを挟む指の力が緩み、矢が指から抜けてしまうことです。, そして、2つ目は『引っかかり』です。引っかかりは、リリースする際に親指か人差し指にダーツが触れてしまうことで、軌道が左右に逸れてしまうことを言います。, ミスショットを起こさないためにも、自分に合ったグリップを選び、上記の点を意識し快適にリリースできるように注意しましょう。, 『フォロースルー』とは、スローイングにおいてターゲットを狙う際の最後の動作のことを言い、さらに詳しく言うと、『ダーツをリリースした後の腕の動き』のことを差します。, リリースした段階でダーツは体を離れているため、一見、フォロースルーには意味がないように思えますが、『同じ動作でリリースする』ために重要なポイントになってきます。, リリース後にフォロースルーをすることで、ターゲットに対してまっすぐ腕を振っているかを確認でき、同じ動作でスローイングができているかを確かめることができます。, ダーツは3回で1スローと数え、プレイヤーはそれぞれ1スローを行い、全プレイヤーが1スロー終えると次のラウンドに進むという形式でゲームが進行します。ここでは、スローを行う際の注意点に関して基本的なルールと一緒に紹介していきます。, ダーツには、スローイングラインというラインが設定されています。プレイヤーがリリースする際にスローイングラインを越えてしまうと、その一投は無効とされてしまいます。, プレイヤーは、足がスローイングラインを越えない限りプレイエリアのどこからでもスローイングすることができるため、左右や後ろからも投げることができます。, また、足がスローイングラインから出ていなければ、体がラインを越えていても反則にならず、足がラインを越えないように身を乗り出してスローイングする選手もいます。, 手持ちのダーツを落としてしまった場合には、拾える場合と拾えない場合があります。スローイングラインに立った後にダーツを落としてしまった場合、リリースの前であればダーツを拾うことが可能です。, しかし、一度スローイングの体勢に入ってリリースしてしまったダーツは、ターゲットに当たらず落ちてしまった場合であっても、再投することはできません。, ダーツでは、スローを行った後にターゲットに刺さった自分の矢を自ら回収しに行きます。そのため、回収している対戦相手が戻ってくるまでは、スローイングの体勢をとってはいけません。, 相手がまだターゲットの近くにいるときに構えてしまうと、自分に矢が飛んでくるように感じさせてしまい、事故などにつながりやすくなるため非常に危険です。相手がしっかり矢を回収して、戻ってきてから構えるように注意しましょう。, ハードダーツとソフトダーツでは、ボードのサイズ感やスローラインからの距離など、いくつかの違いがあります。ここでは、ダーツをプレイしている人でも意外と知らない2つの違いについて紹介していきます。, ハードダーツに比べると、ソフトダーツの方が一回り大きく設計されています。具体的には、ハードダーツが13.2インチ(33.5cm)でソフトダーツが15.5インチ(39.3cm)です。, ボードのサイズ感が大きい分、ソフトダーツの方が狙いやすくなっており、一般的に親しまれています。逆に、ハードダーツは狙うことが難しいため、世界大会などで使用されています。, ハードダーツは237cmでソフトダーツは244cmに設計されています。距離に関しては、ハードダーツの方がソフトダーツに比べて近めに設定されていますが、地面からブル(ダーツボードの中心)までの高さは、どちらも173cmに設定されています。, さらに3つ目の違いもあります。それは、プレイする際に使用する道具の違いです。ハードダーツとソフトダーツで一番違うのが、ダーツの先端部分である『ディップ』です。, ソフトダーツはボードの素材がプラスチック製のため、ボードと同じプラスチック製のディップを使用します。それと比較するとハードダーツでは、金属製の針のようなディップを使用します。, バレル(ダーツの持ち手の部分)にも違いがあり、ソフトダーツではボードを傷めないために比較的軽量なバレルを使用するのに対し、ハードダーツでは重量のあるバレルを使用して、しっかりと矢がボードに刺さるようにします。, ダーツには、上達するためのたくさんのポイントがあります。ここからは、初心者を脱却するために実践すると効果的ないくつかのコツについて紹介します。スローイングの際に意識するべきポイントやダーツについて知っておくと良い知識など、ポイントを押さえて初心者レベルからステップアップを目指しましょう。, スローイングの際に上半身で土台となる箇所が『ひじ』です。ひじは、スローイングをする際の腕の動作において支点となる役割を果たします。, 支点となるひじをしっかり意識し、固定してリリースすることが、安定感のあるスローイングにつながります。, ひじの位置がスローイングごとに変化したり、ぐらついたりしないように、しっかりと自分のフォームにおける支点の位置を確立するように意識することが、安定したスローイングにつながります。, スローイングにおいてもう1つ重要なのが『手首の位置』です。スローイングでは、ひじを固定した後に、テイクバックで振りかぶる動作が入ります。, その際、手首の位置がバラバラだと持っている矢が顔に当たったり、矢がブレて安定せず、狙った方向にリリースできない現象が起こります。このようなミスショットを起こさないためにも、手首の位置を念頭に入れてテイクバックすることが重要です。, また、手首に力が入ってしまうと、リリースの際に無駄な力が矢に乗ってしまうため、手首は柔らかく投げる瞬間だけ力を入れるというのも上達のコツの1つです。, 初心者はスローイングの動作、特にテイクバックが大きいのに対し、プロの選手はテイクバックが非常に細かく小さいという特徴があります。これは、一連の動作の再現性を上げ、何回でも同じ動作でスローイングするために必要な条件と言えます。, 初心者は、矢を飛ばすためにテイクバックを大きくして反動をつけがちですが、これが逆効果となり安定性が損なわれます。, テイクバックが小さくても練習を重ねれば安定してスローイングすることができるようになるので、動作はできるだけコンパクトにして、安定したスローイングを再現できるように意識するといいでしょう。, ダーツの上達を目指すときに、動作以外で意識すると良いポイントが『ダーツの重心』です。ダーツの重心は、ダーツのバランスを知る際に非常に重要なポイントです。, ダーツ自体の重心の位置によって、スローイングの際のイメージやグリップが変わってくるため、自分が使用するダーツの重心は必ず把握してから、スローイングの際に調整するようにしましょう。, ここまで、ダーツの上達に欠かせないいくつかのポイントを紹介してきましたが、無闇に練習していても上達はしません。意識すべきポイントを理解して練習することに加え、どのような練習をすればさらなる上達を図れるのでしょうか。, ダーツのみならずどのようなスポーツにおいても言えることが、上手な人のプレイを『見て学ぶ』ということです。これはもちろん、ダーツにも当てはまります。, プロ選手のスタンスやスローイングをしっかりと観察し研究することで、自分のスタイルに取り入れてみることも可能です。, ただし、プロの選手の中には、プロだからできる特殊なスタンスやスローイングをしている選手もいるため、すべてのプレイが上達の糧になるとは限りません。, 基本的なスタイルをしっかり実践している選手を見つけ、参考にしてみることが勉強になるでしょう。, 『イメージ通りに投げているはずなのにスコアが伸びない』ときに役に立つのが、自分のプレイしている動画を見ることです。, 実際に自分がプレイしているところを見てみると、イメージしていたものと全然違うことがよくあります。, 自分のプレイ動画を参照し、イメージとの違いを比較して擦り合わせることで、思い描くスタイルでプレイできるように練習することが上達につながります。, ダーツに関する基本的な情報や知識を紹介してきましたが、一番は実際にプレイしみるということです。, 自分にぴったりの投げ方を覚えたら、実際にスローイングしてみることで、ダーツの本当の楽しさが体感できるでしょう。イメージ通りのスタイルを確立して、ダーツを楽しみましょう。. <ダーツの投げ方#02>良い「飛び」はイメージから。「イメージ力」でブル率アップ! <ダーツの投げ方#03>ムダなく楽に飛ばす!セット&リリースのベストポジションを決める。 <ダーツの投げ方#04>ブルの高さは173cm。身長の違いで狙いはどう変わ … リリースは、掴んでるダーツを放すことです。 ・ダーツに指が引っ掛からないように気をつけましょう。 (紙ヒコーキを飛ばす時のように、ダーツが手から自然にななめ上方向に離れていくイメージです) フォロースルー リリースについて考えてみたいと思います。なぜなら、今の自分の課題がリリースだからですv(^-^)v覚えが悪いというか、手首が硬いというか、前の悪い癖が残っているのか、(全部?(;^_^A)なかなかいい感じがつかめないものですね。 主観で. リリース時のダーツの角度はどれくらいが良いか。 これをイメージする。 そうするとリリースからボードに刺さるまでの また、リリースのさいは無理に力で飛ばそうとせず、ダーツを「送り出してあげる」イメージをもってみましょう。 紙飛行機を飛ばすようなイメージをもつのがポイントです。 フォロースルーを意識してみよう リリースが遅れれば遅れる程、ダーツはターゲットの場所より下に向かって飛んでいきます。 『気持ちリリースポイントを早める! 』といった意識だけでも、ダーツが狙っているターゲットより下に刺さるといった現象は減ることと思います。 ダーツ初心者に贈る、ダーツの入門サイト。「ダーツの投げ方って?」「クリケットのルールがわからない!」そんなみなさんの「?」をイラストを使って楽しく解説します。 ダーツの投げ方は十人十色。ここでは一般的なダーツの投げ方や握り方、またダーツの投げるスタンス(構え)など、ダーツの基礎から応用まで詳しく解説しています。初心者から上級者まで幅広くサポート。 © Delight Creation Inc. All Rights Reserved. リリースについては一連の動作の結果であるとお伝えした通り、リリースだけを変えることはできません。 ではイメージ通りのリリースを行いたい場合どうすればよいのでしょうか。 [結論]全体のゴールイメージから逆算してフォームを作る ダーツを刺したい角度からイメージして. ダーツのリリースは一瞬の出来事です。 一瞬にも関わらず、毎回同じ様にリリースする事は本当に難しい事です。 自分の中でリリースのイメージを作ろうとしても、とりあえず投げる位のイメージしか出来ません。 ブログを報告する, (*’ο’)ミ/..。*゚+ウィンマーディアム・レビオザース. リリースポイント. 想像できていること. とい … 腕を振ってダーツに力を与える投げ方です。 もう片方のプッシュ型というのは、 ダーツを押し出すようなイメージで投げる投げ方です。 ダーツのリリースの瞬間に、肘が跳ね上がるのが特徴です。 一般的に、 4スタンス理論のaタイプの人はスイング型で、 そして、 ダーツと手首のラインが近似線を描くという事は、その間にリリースしてしまえば、ダーツは大きくずれる事なく飛んでいってくれる ということになります。ラインに乗って飛んでいってくれるわけです。 続き③ 「左右から閉じたものを均等に解放する」といったようなイメージで。 要はリリースのバランスが偏っているために、予期せぬ動きが出ている可能性があります。 ダーツの狙い方でイメージトレーニングは効果的? ダーツのイメージトレーニングは必要ですが、余分な考えは無視してひたすらリリースポイントの確認をしましょう。 イメージトレーニングは以下のようにしましょう。 ただ離すだけのリリースとは、手首をほとんど使わずにリリースタイミングで指をパッと離すだけのリリースです。 これはあくまで僕の感覚ですが、スイングと呼ばれるタイプの投げ方をする人に向いている方法だと思います。 プッシュタイプでも可能ですが矢先がぶれてグルーピングが悪くなるかもしれません。 そのようにダーツが飛んでいってくれる為には. いくつか紹介してみましたが干渉型の人々をディスってるわけじゃないんですよ。 ただそれを正解として根性気合でクリアしようとする人が増えてしまうとどうなんだろう?と思っています。 出来る出来ないありますし向き不向きもあります。 そのあたりの取捨選択はご自身でお考え下さい。 これ以外にもいくつもありますしね~www いろんなリリースを紹介しましたがリリースのときに何かをするって感覚は初期段階であり、本来その準備はテイクバック折り返し時には終わっている状態が望ましいと思います。 リリースの時に転がすのではなくテイクバックの時点でそうなるようなグリップの負荷をかけておいたり、失速して飛び出させるように指や手首の遊びがしなりに変わるようなテイクバックの折り返しを演出したり・・・ 最後に「手首の遊びは超重要!」とだけ言っておきますねw      役に立った!参考になった!いうこと聞かなかった指が楽になった!って方はシェアやRTよろしくお願いいたします。 信用していただける方々だけで詠唱できれば(∩^o^)⊃━☆゜.*Gz! 実際の軌道とラインイメージの. 『リリース』とは、スローイングにおいてダーツを指から離す瞬間のことを言います。リリースする際のポイントは、ターゲットまでの軌道をイメージして、その軌道に矢を乗せるようにすることです。 リリースする際には、2つの注意点があります。 | 1年以上前に魔法をかけさせてもらった方から急に連絡がきました。 「kラビさん!無抵抗型と目潰し型の違いがわかった!出来るようになった!あんたすげーよ!」 kラビ「あ、うん。おめでとうw(なんかはずかしい)」 自分の魔法がいい方向でエンチャント出来てるのはやはりうれしいですね。 はい、Harrowsプレーヤーの酒井です。 今回は、今週練習したダーツを投げる際の左半身(投げる方と逆側)の使い方とリリースのイメージについて練習で感じたことを書いて行きたいと思います。 ターゲットの 1年以上前に魔法をかけさせてもらった方から急に連絡がきました。 「Kラビさん!無抵抗型と目潰し型の違いがわかった!出来るようになった!あんたすげーよ!」 Kラビ「あ、うん。おめでとうw(なんかはずかしい)」 自分の魔法がいい方向でエンチャント出来てるのはやはりうれしいですね。 なかなか全員が上手くいくわけでもないので難しいところですが・・・, とまあそんなことがありましたので今回はそのあたりのお話をしてみようかと思います。   リリースをいくつか紹介してみます。・失速、引き系リリース・ロケット分離系リリース・転がしリリース・逃げ、逃がしリリース, これらは組み合わせることもできますしできないのもあります。 そしてよく見る気合で作ったリリースが「干渉型リリース」です。 緊張したりより精度を上げたり外せないと思ったりすると腕のこわばりが出て思うとおりに動かなくなります。 それでも入れに行こうとするとリリースまでにいい準備が出来ていないためリリースで勢いを足すという現象が生まれます。 これが過干渉になってしまい指が余計にダーツを触ってミスをするという流れです。 しかし練習量や気合根性でそれも乗り切ろうとする人がかなり多い、しかもできちゃう人もいるから問題なんです。 それを正解としてしまうのはいささか暴力的なんじゃないか?と思っています。 だって「アレ」が出やすくなってる状態でしょ? このこわばりを「気持ちや意識を変えて」とか「ブルのことだけ集中して」なんて言ったところで根本の解決にならないんじゃないかと。 集中って言葉が曖昧すぎて難しいんですが集中すればするほど普段練習してきたものと違うことしちゃうパターンも多い。 ならKラビはこのメカニズムにメスを入れた方が多くの人にエンチャントできるのではないか?と考えています。 それらを踏まえてご自身のリリース方法を見極め考えてみてください。  ・失速、引き系リリース これは何度も紹介させていただいておりますが重力や慣性をうまく使えている状態のリリースです。 リリースの直前に急失速することで勢いが全部ダーツに乗り移っちゃうような感じ。 車の急ブレーキやソフトボールのピッチャーなんかがわかりやすいかもしれません。, ・ロケット分離系リリース これはダーツと手が同じスピードで干渉せずにじんわり離れていくようなリリースです。 しっかりダーツの重みを感じて勢いに乗ってきたら投げるのではなく離すという感じ。放すではなく離すw これは丁寧に投げるイメージの方に多い傾向にあります、が出来る人出来ない人に分かれやすいものでもあります。 出来るのならかまいませんが、私はあまりおすすめはしておりません。 身体の動きの正確性が高くないといけないのでマジカルダーツっぽくないですよねw マジカルダーツはいかに自分以外にお仕事を任せるかがポイントですからw  ・転がしリリース 一般的にはジャイロ回転をかけて指から転がし出すのがメジャーなやり方かと思われます。 以前紹介させていただきましたが転がるのはその方向だけではありません。 トップスピンもバックスピンも一回転はしてませんが厳密に言うと転がり出てますよね? スイングスピードの過剰加速などのエネルギーを回転に使うことで毎回同じような範囲内のクオリティで指から離れていくのです。 回転のきっかけをどうやって作るのか?を研究してみるといいかもしれませんねw  ・逃げ、逃がしリリース これは失速系リリースの反対に位置するようなリリースになります。 テイクバック折り返しからだんだん加速していってリリース後まで加速が続いてしまうような人におすすめしています。 車でキツイカーブとかになると身体が横のドアに引っ付いちゃうような感じになりますよね?あれをダーツに利用します。 過干渉が起こると指が当たりすぎて思いもよらない方向に飛び出しちゃう、ならわざと飛び出す方向を決めてしまえばどうでしょうか? あくまでも一例ですがリリースの瞬間、厳密に言えば直前になるのですが手を下に逃がす。 すると過干渉前にダーツが手から離れるわけですから安定しそうな気がしませんか? 手は下に逃げるけどダーツは上に飛んでいく、を探してみてください。そうすれば毎回同じ方向に飛び出すようになっていきますからw. ダーツの練習をするとき、何を意識していますか?大体のフォームを身につけたbフラ以上の方必見!原液プロが意識しているスローイメージをわかりやすく解説しています。練習後のアフターケア方法も紹介します! <ダーツの投げ方#02>良い「飛び」はイメージから。「イメージ力」でブル率アップ! <ダーツの投げ方#03>ムダなく楽に飛ばす!セット&リリースのベストポジションを決める。 <ダーツの投げ方#04>ブルの高さは173cm。身長の違いで狙いはどう変わ … ダーツはイメージによる部分がとてもとても大きいです。 トッププレイヤーほど 自分が綺麗に飛ばすイメージを強く持っています 。 私が普段調子が落ちたときや、 矢が変な角度で飛ぶ日なんかは腕をムチにするイメージを思い出して調子を戻しています。 自分のリリースポイントからダーツのライン、ターゲットまでに柔らかい筒があると想像します。 その中にダーツを放り込むようなイメージで投げるのです。 筒の中にしっかり入れば、あとはダーツが筒に沿ってターゲットに刺さる、というわけです。 です! そしてラインイメージが見えるとは. 誤差が少なくなり. ダーツをセットアップし狙いを付け、腕も肘もイメージ通りに上手く動かせたならば、後に必要なことはダーツから手を放すタイミングです。ですが、意識してここだというタイミングは掴み辛いものですし、ダーツを放すタイミングは人によってそれぞれ違い … 本当ダーツってイメージひとつでかわりますね! 文字だと伝わりづらいかもしれませんが、しなやかなリリースに変わったように思います。 今回はリリースイメージについて書いてみました。 ダーツの軌道を決めるのは、リリースポイントだけであり、非常にシビアであることが改めて解る。 次に③のパターン。これは、フォロースルーを重視して、ダーツを軌道に乗せることをイメージしたパターン。 ソフトダーツで長年鍛えた方ほど、「抜く」リリースが苦手のようです。 それは抜くということがソフトダーツだとミスに当たるからなのかもしれません。 ソフトはダーツが手から離れるまで、基本グリップとダーツの関係はそれほど変化しません。 ダーツのラインイメージとは . krbdartsさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 軌道、出力、矢速、矢角が. 想像がより明確になる. ヒジを上に跳ね上げるようにしてダーツを送り出すイメージで、リリース直前から徐々に力を抜いていき、投げ終えた後のフィニッシュでは、人差し指がターゲットを向き、手の平が床に向いているのが良い形です。 ダーツを放す地点は最初に構えていた地点ではなく、テイクバックに入った地点でダーツを手放すイメージを持ちます。そうすると、ダーツは構えた位置を通ってリリースされます。 いずれにしてもリリース時のダーツを送るイメージは重要なので、自分に合ったものを試してみましょう。 セットアップ時のダーツとターゲットの位置関係でも変わります。 詳しくはこちら。 リリース