ディープインパクトの種付け料は4000万円まで高騰したと言われ、年間200頭の合計80億円を生み出す大種牡馬の早世は日本の競馬界の大きな損失であることに間違いありません。 この訃報で、ある一頭のディープインパクト産駒の注目が ディープインパクト時代に、ディープインパクト産駒の種牡馬大活躍?とはまだ言い難い。 リアルインパクト産駒がG1を勝ったぐらい。 ただまぁ、ようやっとキズナやサトノダイヤモンドといったディープ産駒でも大物感のあった ディープインパクトがトレンドになっていて、またディープ産駒の大物出現かと思ったら競馬ではなく映画の話題か。『ディープインパクト』も『アルマゲドン』も観た記憶あるけど、個人的には断然ディープインパクトの方が好き。 ディープインパクト産駒の牝馬ではジェンティルドンナが 12年牝馬3冠など国内外でG1・7勝と成績を残していますが、 牡馬でディープインパクトを彷彿とさせるような産駒は残念ながら、 産駒の中でダントツで一番数が多いのがディープ産駒だが ディープ産駒はカンカン泣きするわ成長しないわで古馬G1になると他の産駒が勝ちやすくなるんじゃね? 特にあんだけ産駒が出走してるのに2000m以上になると勝った馬がスピルバーグしかいないからな ディープインパクトがトレンドになっていて、またディープ産駒の大物出現かと思ったら競馬ではなく映画の話題か。『ディープインパクト』も『アルマゲドン』も観た記憶あるけど、個人的には断然ディープインパクトの方が好き。 オルフェーヴルが3冠馬になったのはディープに繁殖集めたからだよ、要は2000以上が弱くなった結果 ハーツクライ産駒のウインバリアシオンがダービー菊2着 トーセンラー ダノンシャーク リアルインパクト ディープがマイラーばかり出したせいでオルフェーヴルが3冠馬に 「キズナは父が ディープインパクト 、母の父がストームキャット。 産駒に重い感じはないです」と感触は上々だった。 同馬を管理していた佐々木晶三調教師も「日本の競馬に合いそう。条件はオールマイティーに走りそうだよね」と口をそろえる。 ディープ産駒の新馬がいなくなったらマジでJRAに暗黒時代訪れそうだと思ったけどミッキーアイルが救世主になれるか 25: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/12/02(水) … ディープインパクト産駒には「夢を」/キャロットクラブ2020年1歳馬募集 | ばっじょの競馬ブログ(血統配合編) ばっじょの競馬ブログ(血統配合編) 約10年続けてきたブ競馬ブログを一新しました。キャロットクラブ1歳馬分析、POG、競馬予想を更新していきます。 今日の3~4着はハーツ、6着ディープ、7着ステゴ いつものおなじみのステイヤー種牡馬のメンツにオルフェが加入しましたってそのままだな ルーラーはいうほど長距離実績ないし こいつらいなくなったら恐ろしいほどスッカスカになるだろこの ディープインパクト産駒の登場以降の8年間で5頭もの大物牡馬が誕生している。 ディープインパクトの競走成績をドーピングにより参考扱いとすると27年間で6頭しか誕生していなかったのにである。 年 G1 12 キタサンブラック 牡 20戦 12勝 JRAディープインパクト産駒vsキズナ産駒「素質馬大集結」!! 願わくば残りのディープインパクト産駒からさらなる大物が出てくるのも期待したいところですが、ディープインパクト産駒の孫からまた日本ダービー馬が出るところを見たいところですね。 とにかくキズナにはできるだけ長生きしてもらいたいと思い 名馬ディープインパクト急逝。2019年に突如として舞い込んだ訃報は、日本競馬界だけに留まらない一大ニュースとなった。果たしてディープインパクト「最後の大物」は、今年の2歳馬にいるのだろうか?今回はその大種牡馬・ディープインパクトの産駒をテーマに語り合う。 “日本一長い直線”を持つマイルコースを制するのは?【新潟2歳S(G3)展望】 大物出現!というのは現状を見る限り厳しそうですが、この世代で活躍馬が出てくるといいですね。 仔は何れも中央勝利なし 母はアドマイヤエレノアでディープインパクト産駒ですね。現役時は、中央デビューで1勝をしましたが主な活躍もできず ディープインパクト産駒データ編 ディープインパクト産駒のGI勝ち馬は国内外合わせて47頭にのぼる(2020年3月4日現在)。ジェンティルドンナ、マリアライトなど牡馬顔負けの大物ばかり!【ディープインパクト産駒 古馬中・長距離 【競馬】ディープインパクト産駒でいまだに牡馬の大物が一頭も出ていないという現実 2017/10/16 種牡馬・血統 1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2017/10/15(日) … デビュー前から大物と評判だったディープインパクト産駒アルジャンナが9月8日の阪神5Rでデビューした。アルジャンナ、デビュー戦をノーステッキであっさり快勝アルジャンナのデビュー戦は阪神芝2000m。なんと5頭立てという超少頭数でのデビューとな 土曜(5日)中京12レースで、ディープインパクト産駒の④モーソンピーク(牡3・国枝)が1着となり、これで同産駒のJRA通算勝利数が2300勝となった。 これは、2749勝を挙げたサンデーサイレンス産駒に続く史上2頭目の快挙。 産駒が2年目のキズナが、産駒の年間勝利100勝を達成した。現在のところ、2020年年間100勝を達成している種牡馬はディープインパクト・ロードカナロア・ハーツクライ・ルーラーシップ・キズナの6頭で、現在リーディングサイアーランキングは8位となっている。 キズナ産駒に関していえば、出走回数の多さが目を引きます。 この数字は産駒が早い時期から仕上がっているということを意味しています。 この点は父であるディープインパクト産駒と同じような傾向であり、トレンドにマッチしていて、かなりの強みであるといえるでしょう。