パリーグは3チームでプレーオフ10日の試合の結果、パリーグでは「日本ハム」が勝ち、「ロッテ」が負けたので、「日本ハム」が今シーズンの3位以内を確定し、「ソフトバンク」・「西武」とあわせて3チームでのプレーオフにより優勝を争うことになった。 2004~06年はパリーグではプレーオフを採用していましたが、この期間は日本シリーズではいづれもパリーグ所属球団が日本一になっています。 当期間においてパリーグ所属球団が日本シリーズに強かった理由はやはりパリーグのみプレーオフを採用していたためですか。教えてください。 パリーグ:プレーオフは、劇的な結末!(阪神負け!),2004年2月「阪神優勝、巨人最下位」というタイトルでスタート。2006年3月第1回wbcを契機に球団対抗の世界一決定戦をやって欲しいという願いと、その世界一決定戦を阪神タイガースが制覇して欲しいという願いを込めて現タイトルに変更。 2007年のパリーグのクライマックスシリーズ2ndステージは、2位の千葉ロッテマリーンズとパリーグ優勝の北海道日本ハムファイターズが札幌ドームで対戦した。両チームの対戦は2004年から2006年のプレーオフ時代にもなく、初めての対戦となった 斉藤は同年の第1ステージでも先発、6年ぶりの中4日登板となったが入団以来右肩に不安を抱えていただけに、ここでの登板過多が後の長期離脱・選手生命を縮める遠因になったとの指摘もある。 今回取り上げた「2006年パ・リーグプレーオフ第2ステージ第2戦 北海道日本ハムvs.福岡ソフトバンク」は、4月22日(水)18時より速報開始! 2007年のパリーグのクライマックスシリーズ1stステージは3位の福岡ソフトバンクホークスと2位の千葉ロッテマリーンズが千葉マリンスタジアムで対戦した。2004年から2006年の3年間プレーオフ制度を導入していたパリーグだったが、この年から ※04年から06年はプレーオフ。04年から07年まで5試合制3勝、08年からは、1位に1勝のアドバンテージ、6試合制4勝で日本シリーズ進出を決める。続いてセリーグ。 セリーグ歴代cs優勝チーム、歴代mvp選手。 2007年、中日(2位)、3勝0敗、 2006年プレーオフ 斉藤和巳vs松坂大輔」には、改めてしびれました。 我がファイターズが優勝した年のパリーグプレーオフ第1ステージ第1戦、リーグ戦2位の西武vs3位ソフトバンクの対戦。 今年のプロ野球界は、本当に動乱の年でした。もちろん、問答無用の近鉄、オリックスの合併問題に、ナベツネの独裁、NPBの横暴や選手会によるストなど、本当に大変な年でした。その締めくくりに、パリーグが初めて導入したプレーオフがありました。 2005年の西武は2004年とは一転して負け越しましたが、3位だったためプレーオフ進出を果たしました。 結局ロッテに敗れ第1ステージで姿を消しましたが、もしロッテ・ソフトバンクを抑えてパリーグ2連覇を達成していたら? ちなみに . 2006 パ・リーグプレーオフ 日本ハム対ソフトバンク第2戦 9回裏 [スポーツ] 動画が見つからなかったのでyoutubeから転載。今見てもとてもいい試合だった。 ソフトバンクはこの試合で3年連続プレーオフ敗退。. 日本野球機構(npb)オフィシャルサイト。プロ野球12球団の試合日程・結果や予告先発、ドラフト会議をはじめ、事業・振興に関する情報を掲載。また、オールスター・ゲームや日本シリーズなど主催試合のチケット情報もご覧いただけます。 パリーグプレーオフのように、シーズン1位でもcsで敗退したらリーグ優勝にならないルールだったら? 2010年はロッテが5年ぶりのリーグ優勝ということになっていた。 1: 名無しさん 2016/10/09(日)19:19:54 ID:Sxt 昭和45年が最後らしい。「この戦力でよくやっている」「3位圏内に入ればワンチャンある」もうそんなこと言ってる場合ではないと思うんだが。