ウイニングポスト7攻略(2013/2012/2010/2008対応) 1985年産駒(米国・欧州)史実馬データ ウイニングポスト7マキシマム2008 牡馬(米国・欧州) 競走馬名 第05回(1964年) ヒカルポーラ 第17回(1976年) フジノパーシア 【ウイニングポスト9】2002年1月2週分の海外おすすめ競走馬(2001年産駒)データ一覧, 【ウイニングポスト9】2005年1月2週分の海外おすすめ競走馬(2004年産駒)データ一覧, 【ウイニングポスト9】1997年1月2週分の海外おすすめ競走馬(1996年産駒)データ一覧, 【ウイニングポスト9】2000年1月2週分の海外おすすめ競走馬(1999年産駒)データ一覧. 第25回(1984年) カツラギエース 第03回(1962年) コダマ 第4回(1984年)ジャパンカップ 詳細情報. 第04回(1963年) リユウフオーレル ウイニングポスト8 2018 新人馬主モードについて. にゃおーんさん> 産経大阪杯の方が面白いと思いますよ? フェデラリスト、ト―センジョーダン、ローズキングダム、アーネストリー、ペルーサなど、結構そろってま … ウイニングポスト7攻略(2013/2012/2010/2008対応) 1987年産駒(米国・欧州)史実馬データ ... シャーペンアップ × ヴァリンダリー: 第02回(1961年) シーザー 国際競走指定後: 第55回(2014年) ゴールドシップ アーネストリーはどうでしょうね?8枠が嫌気なのですが・皆さんの見解をお願いします。東京で勝ちきれていないのも気になりますし、哲っちゃんの怪我の回復にも、不安があります。この点から、頭にはできないと思います。 おすすめの海外史実馬(ウイニングポスト7 2013) ウイニングポスト8 2018 お守り入手方法. アーネストリー(グラスワンダー×レットルダムール) その他の攻略情報 【翌年】 【ウイニングポスト9】2006年産駒おすすめ競走馬データ一覧 【前年】 【ウイニングポスト9】2004年産駒おすすめ競走馬 … 第15回(1974年) ハイセイコー 第50回(2009年) ドリームジャーニー 第52回(2011年) アーネストリー ウイニングポスト7 2010 の No.186 だけを表示しています。 にゃおーん @clockfes ★Tik0mEh0gy_eWt. 第56回(2015年) ラブリーデイ 競馬詳しくないが競馬ゲームやりたいけど、ダビスタとウイニングポストってどっちがええんや? 2019/8/26 なんJ , 本・ゲームなど 1: 風吹けば名無し 2019/08/26(月) 13:34:56.32 ID:RD+k2rNAp 【朗報】ウイニングポスト9 2021、PS5ハブ 72コメント ... 8月21日ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション 8月21日The Last of Us Remastered 8月28日トランスフォーマー ライズ オブ ザ ダーク スパーク 第42回(2001年) メイショウドトウ 第59回(2018年) ミッキーロケット 第36回(1995年) ダンツシアトル 1995年攻略情報(ウイニングポスト7 2013) 第13回(1972年) ショウフウミドリ 第38回(1997年) マーベラスサンデー 第44回(2003年) ヒシミラクル 第16回(1975年) ナオキ 第47回(2006年) ディープインパクト 第53回(2012年) オルフェーヴル 第51回(2010年) ナカヤマフェスタ 第41回(2000年) テイエムオペラオー, 国際G1昇格後: ウイニングポスト8 2017 2周目 爆発力113配合日記8 今回は2周目の失敗&軌道修正の報告記事です。 以前の日記でドバイミレニアム系が親系統昇格することを見逃していたことについて触れました。 第11回(1970年) スピードシンボリ 第49回(2008年) エイシンデピュティ 第24回(1983年) ハギノカムイオー 第06回(1965年) シンザン 第08回(1967年) タイヨウ ウイニングポスト9の2005年産史実馬「アーネストリー」に関する攻略情報。アーネストリーのスピード、スタミナ、サブパラ、史実産駒、成長型、適正、系統などの詳細データ。 キングカメハメハが能力的に抜けており、マイルからクラシックの距離で圧倒的な強さを誇る。次いで、ダイワメジャーとハーツクライが高い能力を持っている。前者はマイルから中距離、後者は中距離からクラシックを主戦場とする。 上記には敵わないが、コスモバルク(中距離)、カンパニー(マイ … 第5回(1985年)ジャパンカップ 詳細情報. 琥月 零 @kurenai15 ★Hl16IvbvJj_6IO. 第33回(1992年) メジロパーマー 第43回(2002年) ダンツフレーム 第23回(1982年) モンテプリンス 第60回(2019年) リスグラシュー 第35回(1994年) ビワハヤヒデ 第28回(1987年) スズパレード 第61回(2020年) クロノジェネシス, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アーネストリー&oldid=79139536, 故障が多く、初めて重賞を勝ったのは4歳の冬であった。2歳時に骨膜炎、3歳時に腰椎の捻挫、5歳時に蹄の外傷、6歳時に腰痛により休養を余儀なくされている。, 大型馬で、最も少ない体重であった新馬戦でも508kgで出走している。牧場関係者によると、当歳時から大きい馬で馬体が良く、評価は高かったという. アーネストリーは日本の競走馬。馬名は「本気で」を意味する英語から。主戦騎手は佐藤哲三。おもな勝ち鞍は2011年の宝塚記念。, 中央競馬で競走生活を送る。2007年7月8日、阪神競馬場で行われた2歳新馬戦でデビュー。3番人気(単勝オッズ8.6倍)となったが、好位につけて内を突く競馬で2着のトールポピーに2馬身差をつけ快勝。このレースで2着のトールポピーが後に阪神ジュベナイルフィリーズ (JpnI) と優駿牝馬 (JpnI) を勝利、3着のドリームシグナルがシンザン記念 (JpnIII) を勝利、そして8着のキャプテントゥーレが皐月賞 (JpnI) を勝利しており、出世レースとなった。, 新馬戦後は大山ヒルズに放牧された。陣営は黄菊賞(2歳500万下)での復帰から京都2歳ステークス (OP) へのローテーションを予定していたが、中間で骨膜炎を発症し長期休養となった。, 復帰は、新馬戦から8か月経った2008年3月15日だった。前半の1000mが1分03秒8のスローペースとなり、前に届かず3着に敗れる。鞍上の佐藤哲三は「すぐ外にいたダノンイサオが動かなかったので、ペースがなかなか動かなかった。休み明けで自分からという感じではなかっただけに、その点で運がなかったかも」とレースを振り返った[2]。 第48回(2007年) アドマイヤムーン (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2008年の菊花賞馬。2009年のジャパンカップではウオッカに次ぐ2着に入りましたし、合計で4回も出走した京都大賞典では1→2→3→2という素晴らしい成績でした。, 成長前は適正距離の下限が2200mということもあり、難易度ノーマルでも2000mのレースで苦戦してしまったので、戦績を落としたくない人はレースを選ぶことを強くおすすめします。, 史実では2012年12月がラストラン。上記データでは5歳の前半から劣化が始まって、5歳の後半にはボロボロだったので、どんなに大事に使っていても2011年頭くらいまでの活躍になるかと。, 【ウイニングポスト9】2006年1月2週分の海外おすすめ競走馬(2005年産駒)データ一覧, GⅠ未勝利ながらもドバイワールドCに出走経験を持つダート馬。血統は非常に良いのですが、実際の結果はいまいち芳しくないものでした。, 競争寿命が短いので1期上のフリオーソ、同期のスマートファルコンを所有しているのであれば、無理に所有する必要もないでしょう。適正距離も成長してやっと1900mというレベルなので、高難易度だと2000mダートGⅠは厳しいような気がします。, 史実では2011年5月がラストラン。上記データでは5歳の折り返し時点で劣化が激しかったので(20戦くらい)、戦績を落としたくない人は注意してください。オートだと6歳までいきますが、5歳で引退させても良いと思います。, NHKマイルと日本ダービーの変則2冠馬。ジャパンカップや安田記念でも2着に入っています。, 素質は非常に高く、ゲーム内では2歳GⅠや欧州マイル3冠、仏国3冠などが狙えます。低難易度なら欧州3冠も狙えるかも。, 史実では2009年6月がラストラン。オートにしていると4歳一杯で引退しますが、普通に走らせているくらいならまだ劣化が始まるか始まらないかくらいの競争寿命が残っているので、5歳も走ってOK(2011年産駒の収録はありません)。, 地方GⅠ6勝、ドバイワールドCへの出走経験もあるダート馬。特に2010年11月~2012年1月までの間には、負けなしの9連勝(うち地方GⅠが6勝)という無敵を誇っていました。, ゲーム上では難易度によっては米国3冠も普通に狙えますし、成長型が晩成で息の長い活躍ができるという意味でも、日本産のダート馬で歴代屈指の能力と言っても過言ではありません。, 更に距離適性の幅が広いので、万が一ドバイワールドCの選考に漏れてしまっても、3月5週のゴールデンシャヒーンにも対応できるという素晴らしい素質を持っています。, 史実では2012年3月がラストラン。ちなみにオートにしていると7歳一杯で引退してしまいますが、能力の低下はなだらかなので競争寿命が残っているなら8歳まで走ってもOK(消失などはありません)。. 第58回(2017年) サトノクラウン 第40回(1999年) グラスワンダー ウイニングポスト9の1995年産史実馬「グラスワンダー」に関する攻略情報。グラスワンダーのスピード、スタミナ、サブパラ、史実産駒、成長型、適正、系統などの詳細データ。 第27回(1986年) パーシャンボーイ ダンススマートリー (Dance Smartly) はカナダの競走馬である。 母クラッシーンスマートはカナダの2歳牝馬チャンピオン、父方の祖父はカナダの歴史的名馬ノーザンダンサーである。 牝馬ながらカナダ三冠馬になり、カナダ生産馬として初めてブリーダーズカップに優勝した。 第29回(1988年) タマモクロス このページでは『ウイニングポスト9』の2001年に生まれた海外の産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。 海外でおすすめの1歳幼駒のデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場 ... このページでは『ウイニングポスト9』の2004年に生まれた海外の産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。 海外でおすすめの1歳幼駒のデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場 ... このページでは『ウイニングポスト9』の1996年に生まれた海外の産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。 海外でおすすめの1歳幼駒のデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場 ... このページでは『ウイニングポスト9』の1999年に生まれた海外の産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。 海外でおすすめの1歳幼駒のデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場 ... このページでは『ウイニングポスト9』の2022年に生まれた産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。 おすすめしたい史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など ... Copyright© 光る原人 , 2020 All Rights Reserved. 第12回(1971年) メジロムサシ 第07回(1966年) エイトクラウン 第31回(1990年) オサイチジョージ 第20回(1979年) サクラショウリ 第26回(1985年) スズカコバン ウイニングポスト8です。このウイポ8では、前回の7 2013に引き続き佐藤哲三ジョッキーを贔屓にしてますけど皆さんご存知のように、佐藤哲三ジョッキーは2012… 日本軽種馬協会が運営する国内最大級の競馬情報サイトjbisサーチの、アーネストリーの種牡馬情報:産駒一覧(現役馬)に関するページです。競馬に関する膨大なデータを手軽に検索・入手できます。 第30回(1989年) イナリワン 第54回(2013年) ゴールドシップ サンデーサイレンスのライバルとしても名高いイージーゴア。現実では競走成績、種牡馬成績共にサンデーに水をあけられましたが、ウイポ内では走っては三冠、種牡馬としても超有能。 血統背景的にアリダー×トムフール系と流行りの系統を持たない上に、子出し能力は歴代でも屈指です。流星を見るのがイージーになる種牡馬ですね。 第34回(1993年) メジロマックイーン 第19回(1978年) エリモジョージ この時点で、毎日杯への登録があったが、間隔が狭くなることと同馬主のサブジェクトが出走することで、陣営は回避しアザレア賞を選択した[3]。しかし、右腰椎の捻挫[4]でアザレア賞には出走せず再度長期休養に入ることとなった。調教師の佐々木は「本当に運のない馬。この血統はみんな脚元が弱い」とコメントしている[5]。, 8月、札幌競馬場で行われた知床特別で復帰。前走から38kg増の548kgでの出走で、パドックでは大量の発汗を見せていた。レースでは4角で早めに抜け出すも、そこから伸びず5着に終わる。3週間後、同コンビで挑んだ休み明け2走目は単勝1.4倍と圧倒的人気を集める。道中2番手で追走すると、直線で抜け出し2着に2馬身差で完勝し、2勝目を挙げた。さらに10月26日の北野特別でも、先行するとゴール前で逃げた2頭を交わし、外から追い込んだタガノエルシコをクビ差かわし勝利した。その後、11月24日の修学院ステークスに出走し、人気通りの2着。佐々木は先行勢が沈む展開で粘った点を評価し、「こういう馬は走ってくるよ」と後に懐述している。, 2月1日の松籟ステークスでは、初の2400m戦に出走し3着。年明け2走目の御堂筋ステークスでは、好位追走から、逃げた2頭を直線半ばで捉え、最後はナムラクレセントを2馬身1/2突き離して快勝、オープン入りを果たした。次走は3月28日の日経賞に出走。重賞初挑戦であったが2番人気に推され、2番手からレースを進めたが最後の直線で失速して4着に敗れた。その後、5月9日の新潟大賞典、6月14日のエプソムカップに出走するも直線で伸びを欠きそれぞれ5着、10着に破れた。, 休養を挟んで10月10日の夕刊フジ杯大原ステークスに1番人気で出走。降級後初となる同レースでは、2番手から直線で抜け出すとアクシオンに3馬身1/2の差をつけて快勝し、オープンへ復帰した。次走のアルゼンチン共和国杯では騎乗停止中の主戦・佐藤哲に替わり松岡正海が手綱を取った。レースでは2番手追走後、直線で一旦は逃げるミヤビランベリに並びかけるも、突き放され2着に終わった。重賞初連対を果たしたが、佐々木は「ここを勝ってジャパンカップへいきたかった」と述べている。, 続く12月12日の中日新聞杯に出走。5番手で先行しレースを進めると、逃げ粘るドリームサンデーをゴール前で交わして1分57秒4のタイムで勝利し、初重賞制覇を遂げた。鞍上の佐藤哲三はレース内容について、「スムーズに折り合っていました。これまではかかり気味でしたから、成長していますね」とコメントしている。その後、陣営は、放牧を挟んでから翌年の産経大阪杯で始動させる旨を表明した。, 当初の予定であった大阪杯からの始動を早め、中京記念への出走を目標に調整を進めていたが、調教後に右前脚の蹄壁欠損を発症したため回避。5月29日の金鯱賞での復帰となった。故障明けで、5ヶ月半のブランクとなったが、1番人気に支持された。レースでは1000m通過が1分1秒0のスローペースの流れを2番手から追走し、直線で抜け出すと逃げたドリームサンデーに1馬身1/4の差を付け勝利。連勝で重賞2勝目を挙げ、次走には目標としていた宝塚記念を掲げた。またレース後、佐々木は秋にアメリカのGIに挑戦する考えがあることを明らかにした[6]。, 迎えた6月27日の宝塚記念は、ブエナビスタ、ジャガーメイル、ドリームジャーニーなど、実績馬の揃ったレースとなった。アーネストリーはGI初挑戦ながら3番人気に支持される。レースはナムラクレセントがハナを切る展開で進み、アーネストリーが2番手、ブエナビスタが4番手に付けた。直線を向くとアーネストリーが先頭に立ち、内からブエナビスタがこれに並びかけ競り合いとなったが、外から脚を伸ばしたナカヤマフェスタに一気に差し切られ、最後にはブエナビスタにも競り負け3着に敗れた。レース後、佐々木は「まだ本物ではありません。もうあとひとつガツンと来るものがあればいいですね。でも、これで秋が楽しみになりました。今日の1馬身差をどう詰めるか、これから考えていきたいと思います」と述べた。, 秋のGI戦線への緒戦として8月22日の札幌記念に1番人気で出走した。3番手を追走し、直線半ばで先頭に立つとそのまま押し切る形で、ダービー馬ロジユニヴァースに1馬身3/4の差を付け勝利した。鞍上の佐藤は勝利後のインタビューで「内側につけようとも考えたが、力が違うと思い、外を回して安全策でいって勝ってくれた」と答えている。, 10月31日の天皇賞(秋)では2番人気に支持される。レースは5・6番手からジリジリと脚を伸ばすも直線で抜け出したブエナビスタに3馬身半差をつけられ、後方から追い込んだペルーサにも差し切られる形で3着に敗れた。レース後、佐々木はインタビューで「ブエナビスタを負かせるのはここしかないと思ってこっちも目いっぱい仕上げたけど、勝ち馬には馬なりでかわされた。参ったよ」と敗戦のコメント出している。次走はジャパンカップがレイティングによる優先出走権、賞金順での出走とも見込みが薄いため見送り、有馬記念を目指していたが、調整過程で腰痛を発症したため回避した。, 5月28日の金鯱賞で復帰となった。不良馬場の中、レースでは2番手につけたがルーラーシップの3着に敗れる。金鯱賞を叩いた後は、宝塚記念に出走。レース当日は昼過ぎに降雨があったものの、良馬場での開催となった。6番人気で迎えたレースは、好スタートから先頭を窺うも、最内枠から押して逃げるナムラクレセントの2番手を追走。1000m通過58.7秒の速いペースの中、直線入り口で先頭に立つと、ブエナビスタ、エイシンフラッシュの追走を封じてそのまま押し切り、念願のGI初勝利を挙げた。勝ちタイムの2分10秒1はコースレコード。父のグラスワンダーも宝塚記念を制しており、史上二組目の親子制覇、史上初の父子制覇となった[7]。, 次走は札幌記念の予定であったが、左前脚球節の軽い捻挫を発症したため回避した。その後オールカマーで復帰し単勝1.4倍と断然の1番人気で出走。3番手につけ直線半ばで先頭に立つと、後方から脚を伸ばしたゲシュタルトの追撃をしのいで勝利。勝ちタイムはレースレコードの2分11秒2で、重賞5勝目となった。10月30日の天皇賞(秋)では大外枠18番での出走となり、スタートでの出遅れから押して3・4番手を追走するも、直線で後退し14着と大敗した。12月25日の有馬記念では外からハナを切り超スローペースで逃げ、直線に入っても粘るが後退し10着と大敗した。, 初戦の大阪杯では中団に控える形となったが直線で伸びず6着となった。鳴尾記念は道中最後方追走も直線で伸びを欠き5着に敗れた。連覇がかかった6月24日の宝塚記念では4コーナーで一旦先頭に立つも7着に敗れた。, 秋は天皇賞(秋)、金鯱賞、有馬記念に出走したが、いずれも勝ち馬から1秒以上離された2桁着順に終わった。, 最初は日高町のブリーダーズ・スタリオン・ステーションに繋養され、2015年10月10日に新ひだか町にあるアロースタッドへと移された[9]。のちの2019年11月15日に用途変更となって種牡馬を引退し[10]、以降はノースヒルズで功労馬として繋養されている[11]。, 父グラスワンダー、母父トニービン、母母父ノーザンテーストは、2006年中山大障害 (J・GI) 、2008年中山グランドジャンプ (J・GI) を制したマルカラスカルとまったく同じ配合である。, 国際競走指定前: 第21回(1980年) テルテンリュウ, 第22回(1981年) カツアール 第14回(1973年) ハマノパレード 第09回(1968年) ヒカルタカイ 【競馬】ウイニングポストでスタミナガン振り血統作って世界中の超長距離レースの覇者になるプレー 2020.12.4 【閲覧注意】この女性の画像、同一人物らしい… 2020.12.4 [競馬] ジャスタウェイって何で有馬記念で負けたの? 2020.12.4 第45回(2004年) タップダンスシチー 第46回(2005年) スイープトウショウ アーネストリーはgi初挑戦ながら3番人気に支持される。レースはナムラクレセントがハナを切る展開で進み、アーネストリーが2番手、ブエナビスタが4番手に付けた。 第57回(2016年) マリアライト 第32回(1991年) メジロライアン 第10回(1969年) ダテホーライ 第39回(1998年) サイレンススズカ 第18回(1977年) トウショウボーイ 第37回(1996年) マヤノトップガン 第01回(1960年) ホマレーヒロ 箱庭交流所は、ウイニングポストシリーズで自分の箱庭を作成し、まったりと攻略、交流する場です。自分だけの箱庭を楽しみつつ、皆で交流していきましょう! このページでは『ウイニングポスト9』の2005年に生まれた産駒・競走馬のデータを取り扱っていきます。, おすすめしたい史実馬などのデータをまとめていますので、先回りで母親を購入して自家生産したい場合など、よければ参考にしてみてください。.
大分 美容室 下郡, Xperia Xz 強制再起動, Macbook Pro 2015 Ssd交換, Iphone 再起動 Se, プラバン キーホルダー 子供, 上野 御徒町 町中華, エクセル 行列入れ替え できない, 離乳食後期 おにぎり のり, アンペア 減 設,