シンプルにディープインパクト系だけ伸ばしていけばいいんじゃないかな 日本の宝ディープインパクト系 欧州の宝ガリレオ系 . ガリレオは、産駒が海外に分散しなかった点でサドラーズウェルズに似ている。両馬は生粋のターフサイアーとして評価されており、持久力という強みを持ち、欧州で勢力基盤を築いている。一方で、両馬のトップクラスの産駒は北米に遠征あるいは移籍して、芝のビッグレースを制している。 2016年に生まれたフランケル産駒の中で、特に注目すべき良血馬や評判馬などをピックアップ。日本ダービーの翌週から新馬戦が開始しているので、ドラフト他お目当ての馬は早めに目星を付けておかれる事をオススメ致します。 ガリレオ・ガリレイ(伊: Galileo Galilei 、ユリウス暦 1564年 2月15日 - グレゴリオ暦 1642年 1月8日)は、イタリアの物理学者、天文学者 。. これだけ産駒全般にスピードあるってのはマジでセールスポイントだな .       2011 クイーンエリザベス2世S(GⅠ)       2012 チャンピオンS(GⅠ) などGⅠ10勝, ヨーロッパの競馬ファンの中には、この馬が競馬史上最強馬だという人が多くいるほど、その現役時代のインパクトは凄まじいものがありました。, デビュー戦で後にキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスを勝利するナサニエルに僅差で勝利した後は、圧勝劇を続け、4戦4勝でデューハーストSを勝ち、2歳チャンピオンの座につきます。, 3歳になってからもその勢いは衰えず、イギリス2000ギニーやクイーンエリザベス2世Sの大レースを制するなど、GⅠ4勝を含む5戦5勝で3歳シーズンを終えます。, そして、4歳になっても快進撃は続き、すべてGⅠレースに出走し連勝記録を伸ばし続け、最終的に14戦無敗で現役を引退し、種牡馬入りします。, 現役時代2着馬につけた着差の合計は76馬身を超え、怪物と呼ばれるにふさわしいインパクトを与え続けた現役時代でした。, >>  阪神競馬場・芝1800mの予想に役立つデータや特徴をピックアップ。人気・脚質・枠順・馬番・馬体重別の成績データや、阪神芝1800mを得意とする血統(種牡馬・母父)や騎手・調教師なども細かく分析 … 英ダービー (芝12f10y)1着 産駒の特徴はヨーロッパ向きの豊富なスタミナと決め手であり、特に大舞台での強さは他の種牡馬を圧倒します。逆に、逆にアメリカや日本などスピードが要求される馬場やダートを苦手としているのが一般的な特徴となります。 ガリレオ (英語: Galileo) は、アイルランド産まれの競走馬・種牡馬である。2001年にダービー・アイリッシュダービーと2か国ダービー制覇を成し遂げ、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスとアイリッシュチャンピオンステークスではファンタスティックライトと名勝負を繰り広げた。 近代科学的な手法を樹立するのに多大な貢献をし、しばしば「近代科学の父」と呼ばれる 。 また天文学分野での貢献を称えて「天文学の父」とも呼ばれる。 3.30 生産地 アイルランド 生産者 D.Tsui and Orpendale 性別 牡 毛色 鹿毛 調教師 Aidan Patrick O'Brien(愛国) 馬主 Mrs.John Magnier 競走成績 8戦6勝 獲得賞金 1,621,110ポンド 受賞 ガリレオ産駒は、これまで18頭の馬が中央競馬を走っています。欧州のように目立った成績は残せていませんが、それでも「勝率」9.5%とそれなりに日本競馬においても高い数値を残している産駒です。 母系の特徴をそのまま出すように、産駒は晩成の中距離からステイヤー傾向。 サンデーサイレンス を含まない血統が強み。 キセキ の母父が ディープインパクト なのも、今後増えてくる ディープインパクト 牝馬との相性を考えると好材料。       2012 エクリプスステークス(GⅠ), デビュー戦は先程ご紹介したフランケルの2着に敗れ、結局初勝利を挙げるのは3戦目になりましたが、そこから勢いに乗りGⅡレースを5馬身差で勝った後にキングジョージ6世&エリザベスステークスに挑戦し、ワークフォースやセントニコラスアビーの有力馬を抑えGⅠ初制覇を果たします。, 4歳になりエクリプスステークスでGⅠ2勝目のタイトルを手にしますが、その後は凱旋門賞の直前に熱発で回避したりと、リズムに乗ることができず、2012年のチャンピオンステークス3着を最後に現役を引退することになります。, ルーラーオブザワールドはデビューが3歳の4月と遅れてしまい、常識的にイギリスダービーを狙うことはあり得ないような状況でした。, しかし、デビューから2ヶ月も満たない中、2戦2勝で挑んだ2013年のイギリスダービーは、圧倒的一番人気を集めていたドーンアプローチが最下位に沈むなか、見事に勝利を収めます。, 3歳になってからデビューした馬のイギリスダービー制覇は、1993年のコマンダーインチーフ以来20年ぶりだったことを考えると、いかに常識を覆す偉業だったかがよくわかります。, その後は勝ち星に恵まれませんでしたが、イギリスダービー勝利のインパクトが今でも多くのファンに語り継がれています。, ガリレオはサドラーズウェルズの血を引いていることもあり、種牡馬としては日本の高速馬場には対応しきれず、あまり結果を残せていないのが現状です。, 最も勝ち星を多くあげたのがこのレッドシャンクスの4勝で、この馬以外はすべて3勝以下で、1600万クラス(3勝クラス)以上勝った馬は今のところが現れていません。, 父がサドラーズウェルズということもあり、日本の芝では道悪などのタフな馬場を得意とする馬が中心になります。, しかし、母父がミスタープロスペクター系のミスワキということもあり、スピードもある程度補完されているようで、他のサドラーズウェルズ系ほど軽い芝がダメというわけではありません。, その影響もあり、サドラーズウェルズ系の馬としては珍しくダートもこなす馬もチラホラ出ています。また、小回りコースや直線の短いコースが苦手な馬が多い傾向もあります。, ただ、先ほどご紹介したように、ガリレオ産駒は日本では4勝以上あげた馬はおらず、1600万クラス(3勝クラス)以上での勝ち星もありません。, 条件戦では他のサドラーズウェルズ系種牡馬より日本の馬場をこなせますが、一線級と戦うとスピード不足ということは覚えておいた方が良さそうです。, ただ、先ほどご紹介した、ガリレオ産駒のフランケルは、種牡馬として日本の競馬に対応してきています。, モズアスコットが安田記念(GⅠ)を勝ち、さらにはソウルスターリングが阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ)とオークス(GⅠ)を勝ちました。, この他にもミスエルテがチューリップ賞(GⅢ)勝ち、父の父ガリレオとしては日本の芝に適応し始めています。, ガリレオの父サドラーズウェルズは、世界中の一流種牡馬の中でも特にタフな芝コースを得意とする遺伝子を持っている馬です。, しかし、それに反して日本の芝コースは軽い芝で、サンデーサイレンス系のようなスピードを持った種牡馬の活躍が目立っています。, そんななか、ガリレオの血を受け継いでいるフランケルの産駒たちが、JRA重賞で存在感を出し始めているということは、ガリレオという名馬の持っている底力ではないかと私は考えます。, 今後ガリレオの血を持った馬たちがどのように日本競馬に影響を与えてくれるか楽しみにしておきましょう。, >> サドラーズウェルズ系の特徴と代表産駒、種牡馬の紹介!芝・ダート、距離適性は?, >>  7 名無しさん@実 … 第2次世界大戦後、急速に勢力を拡大したナスルーラ系は、1960年代になると全盛期を迎え、世界のサラブレッドの血統を支配するまでになった。しかし1970年代に入ると、同じネアルコ系でも傍流のニアークティックから出たノーザンダンサーに主流の座を奪い取られていく。後継種牡馬の遺伝力がこれまた素晴らしく、ニジンスキー、リファール、ヌレイエフ、ダンジグ、サドラーズウェルズらが次々と大成功を収め、猛スピードで世界のサラブレッドの血統を塗り替えていった。ノーザンダンサーの何 … Copyright (c) keibainfo.jp, All Rights Reserved. ダービートライアル(芝10f) 1着 愛ダービー (芝12f)1着 欧州でデビューしたガリレオ産駒の良血馬でも駄馬はいっぱいいるからな . Galileo(ガリレオ)産駒の特徴と傾向 ウマナミ ~競馬のこと . 現役時代. ガリレオ産駒の特徴 父がサドラーズウェルズということもあり、日本の芝では 道悪などのタフな馬場を得意とする馬 が中心になります。 13: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/09/23(月)16:41:2 ID:o9UIjRcL0. 愛チャンピオンステークス(芝10f) 2着(勝ち馬ファンタスティックライト) フランケル 〜 14戦14勝。イギリスが生んだ無敗の最強馬の強さに迫ります 〜 | 競馬情報サイト, G1レース勝ちの超良血馬とまったく活躍できなかった超良血馬一覧 | 競馬情報サイト, 名馬11頭のデザインから選べる!JRAカード(クレジットカード)競馬ファンが嬉しい特典2つ. まず初めに、ダートコースを攻略するにあたってダートコースの特徴についてお話しします。 ダートコースはレースを見て頂ければ分かる通り、「砂」の上を走るコースです。 そのためどうしても力が必要なコースとなります。 人間で例えるならば砂浜の上を走るようなものなので、足抜きが普通の陸地に比べて悪いですから、その分足を上げて走らなければならず、普通のアスファルトや砂利道くらいの道と比べてどうしてもタ … (1)サンデーサラブレッドクラブ募集のモーリス産駒は9頭昨日(2019年5月31日)、サンデー・社台サラブレッドクラブのホームページにて本年度募集馬のカタログ写真のpdfファイルがupされた。今日は、その一部を紹介させていただきます。前回の 馬名 Galileo ガリレオ 生年月日 1998. 産駒 もまた種牡馬 ... 2回)といったgi馬を出した。特に父ガリレオ との配合には顕著な実績を挙げ、歴代最高レーティングを獲得したフランケルを代表として多くの活躍馬を輩出している。 種牡馬成績. G1レース勝ちの超良血馬とまったく活躍できなかった超良血馬一覧 | 競馬情報サイト, >>  キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス (芝12f)1着 フランケル 〜 14戦14勝。イギリスが生んだ無敗の最強馬の強さに迫ります 〜 | 競馬情報サイト, 主な勝ち鞍:2011 キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス(GⅠ) ガリレオ(Galileo)は、世界を代表する大種牡馬サドラーズウェルズを父に持ち、母は凱旋門賞を勝った歴史的牝馬アーバンシーという超良血馬として誕生しました。, 競走馬としてもイギリスとアイルランドのダービーを制し、超良血にふさわしい活躍をしましたが、種牡馬となってからさらに飛躍を遂げました。, 主な勝ち鞍:2010 デューハーストS(GⅠ) 今週行われる第37回ジャパンカップではアイルランドのオブライエン厩舎からIdaho(アイダホ)が参戦します。そこで今回はこのアイダホの父である世界的な種牡馬Galileo(ガリレオ)がどんな産駒を送り出しているのか考察してみたいと思います。, ガリレオは今やヨーロッパでも不動のリーディングサイヤー(イギリス・アイルランド種牡馬ランキングで昨年まで7年連続1位!)ですが、今年の凱旋門賞の出走馬を見ると18頭(サトノダイアモンドなど日本馬が二頭いたので実質16頭)中6頭がガリレオ産駒ということで、僕も驚きました。, かつてガリレオの父であるSadler’s Wells(サドラーズウェルズ)や祖父のNorthern Dancer(ノーザンダンサー)もヨーロッパを中心に活躍馬を送り出し、時代を席巻した大種牡馬となりましたが、地元の英・愛種牡馬ランキングに限定するとサドラーズウェルズの通算14回というのはさすがにしても、世紀の大種牡馬と言われたノーザンダンサーがリーディングをとったのは意外なことに4回だそうです。, 下級レースでの賞金が特に低いヨーロッパの競馬ではいかにGⅠホースを出すかがポイントにはなりますが、7連連続でリーディングをとる(恐らく今年も1位なんで8年連続になるのでしょう→2019年の段階で十年連続リーディングとなっています)ことがいかにすごいことかは、すでに一目瞭然でしょう。, つまりはガリレオはすでに語り継がれるべき歴史的種牡馬になっているわけですが、はたしてどんな産駒を送り出しているのかフォーカスしてみたいと思います。, ※この記事は2017年11月頃に最初に書かれた記事ですが時代に併せて徐々に加筆・修正を行っていきます, 父サドラーズウェルズは現在ガリレオの他にも後継の種牡馬が活躍しており、祖父ノーザンダンサー産駒の中でも特にヨーロッパで成功・発展した種牡馬と言えます。, 産駒の特徴はヨーロッパ向きの豊富なスタミナと決め手であり、特に大舞台での強さは他の種牡馬を圧倒します。逆に、逆にアメリカや日本などスピードが要求される馬場やダートを苦手としているのが一般的な特徴となります。, ただまったくスピードに欠けるわけではなく、近親には短距離からクラシックディスタンスまで対応できるスピードとスタミナ、底力を備えた名種牡馬Nureyev(ヌレイエフ)がいるように、潜在的にスピードも内在しています。全弟のFairy King(フェアリーキング)がマイルで強い馬を出したのもいい例でしょう。, また、最近はガリレオを経てFrankel(フランケル)がソウルスターリングを送り出したり、前回の記事で取り上げたKitten’s Joy(キトゥンズジョイ)がアメリカで大成功するなど、ヨーロッパ以外でも順応しつつあります。, ガリレオの母Urban Sea(アーバンシー)は牝馬ながら凱旋門賞を制した女傑(当時は牝馬の勝利はかなり久々だったはずです)ですが、レガシーワールドが勝利した1993年のジャパンカップにも出走(結果は8着)しています。(僕も初めて見たジャパンカップだったのでよく覚えている馬です), 通算成績は24戦して凱旋門賞を始めとして8勝していますが、競走成績同様繁殖成績が素晴らしく、今回のガリレオの他にも、イギリスのダービーをはじめとしてGⅠを6勝したSea the Stars(シーザスターズ)を送り出しています。シーザスターズも種牡馬として大成功していますね。, アーバンシーの父Miswaki(ミスワキ)はスピードを身上とするMr Prospector(ミスタープロスペクター)系の中でも珍しく距離をこなせるタイプであり、日本ではマーベラスクラウンがジャパンカップを制したり、母の父としてサイレンススズカ(宝塚記念)やザッツザプレンティ(菊花賞)を送り出すなど中長距離を中心にゴール前でのひと踏ん張りが特徴の馬が多いですね。母系はアホヌーラなどの血がありますがドイツの系統のようで異系色が強くなっています。, 条件戦 (芝10f)1着       2011 イギリス2000ギニー(GⅠ) 「私的ガリレオノート③」ウインターWinterとハーモサHermosa 3歳春になるとグングンと調子と言うか、馬が変わって来て、一気に泡まつ候補からクラシックを勝ってしまうところまでくる、それもガリレオ産駒の特徴です。 ハーツクライですが、現役時代を振り返るとは同期にキングカメハメハ、一つ上にはゼンノロブロイ、そして一つ下にはディープインパクトという超一流馬がいた世代となります。 そのため、さほど記録や記憶に残るようなタイプの馬ではなくどちらかえと言えばわき役に近い存在だったのですが、最終的にはGⅠレースでは有馬記念(2005年)とドバイシーマクラシック(2006年)を制しています。リアルタイムでこの馬を見ていた僕からすると、現役時代は何となんとなくGⅠでは少し足りないという印象の … しかも、ヨーロッパを席巻するガリレオ産駒を手に入れることは難しく、現在では市場に出回る馬の数も多くはない。 仮にセールに上場されてい       2012 インターナショナルS(GⅠ) 世界が認めた良血馬5頭!日本、海外に分けて紹介 | 競馬情報サイト, JRAカードを発行すると、インターネットからJRA競馬場指定席が先行予約可能なJRAカード会員に登録可能です。JRAカードを持っていない一般会員よりも一週間早く予約でき、JRAカード会員のみ申し込める先行抽選に加え、一般抽選にも申し込めるので抽選チャンスが1回から2回に増えます。JRA競馬場の指定席をより確実に確保したい方にはおすすめです。, 初年度の年会費は無料(次年度以降1,375円(税込))で、カードデザインはシンプルなJRAロゴもしくは名馬11頭のデザインから選ぶことができます。ネットからすぐに申し込めるので、「JRA指定席の予約がしたい」「JRA指定席の当選確率を上げたい」という方はぜひ以下の記事を参考に申し込みをしてみてください。, >> 名馬11頭のデザインから選べる!JRAカード(クレジットカード)競馬ファンが嬉しい特典2つ. ガリレオ(競走馬)とは、アイルランドの元競走馬・現種牡 馬である。 血統・実力すべてを兼ね備えた、天才としか言いようのない名馬。. 6 名無しさん@実況で競馬板アウト 2020/12/02(水) 16:20:36.69 id:r3cg9zhy0. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 父Sadler’s Wells、祖父Northern Dancerにならぶ大種牡馬. ブリーダーズカップクラシック(ダート10f) 6着(勝ち馬Tiznow), 愛チャンピオンステークスはキングジョージで下したファンタスティックライト(父Rahy)との再戦で叩き合いの末敗れていますが、この馬が2つ上だったことを考えるとしょうがない感じもしますね。ちなみにファンタスティックライトは日本に種牡馬として輸入されて失敗しています。, BCクラシックは完全に馬場が合わなかったんでしょうが、アメリカダート最高峰のレースで6着だと逆によく走ったほうだなと感じますね。, 11年種牡馬生活で1年目から4位、リーディングにはすでに8回ついておりとてもじゃないが書ききれません。主だったところだけ書きます。, 2017の菊花賞に出走して13着だったベストアプローチ(青葉賞2着)の父ですが、現役時代は英ダービーをガリレオ産駒として初めて制すなど11戦8勝(2着2回3着1回)するなど活躍しました。, 引退レースとなり勝利した英チャンピオンステークスでは10ハロンを2分00秒13のレコードタイムで制しています。ちなみにニューアプローチは2018年にMasar(マサ―)が英ダービーを制し、三代連続の英ダービー制覇を達成しています。凱旋門賞へは出走していません。, ソウルスターリングやミスエルテの父として日本でもすっかり有名になったFrankel(フランケル)ですが、現役時代は英2000ギニーや英チャンピオンステークスなど14戦14勝と2000m以下で無敗のまま引退した名馬でした。, 2011年と2012年二年連続してヨーロッパ(カルティエ賞)の年度代表馬に輝いています。レイティングでも高い評価を受け、歴史的名馬の一頭に数えられています。, ヨーロッパでも第一世代からGⅠホースが誕生(Cracksman、英チャンピオンステークス)しており、ガリレオ系の後継種牡馬として期待されています。, Enable(エネイブル)がイギリスオークスを制してGⅠ初勝利をあげましたが、いまや世界最強牝馬の父として有名ですね。この馬もフランケルと同じ2008年産となります。, のちにキングジョージ6世&クイーンエリザベスSなどGⅠを二勝する一流馬でしたが、デビュー戦は二着に敗れています。ただ勝ったのがなんとフランケルであり引退レースとなったチャンピオンS(三着)の勝ち馬もフランケルでした。, イギリスとアイルランドのダービーを制した他、英インターナショナルステークスを制するなど8戦5勝で引退しています。母はイギリス産の名牝ウィジャボード(Ouija Board)で、ジャパンカップでも3着に来たことがあります。, 2016年の凱旋門賞を4歳時に制した牝馬ですが、この年は2着と3着もGalileo産駒でした(スゴイ!)。非常に2着が多かった(6-11-3-1)馬ですがブリーダーズカップターフも制しており軽い芝コースに対応できるスピードも備えていたことが分かります。凱旋門賞を制した時のタイムも2分23秒6という物凄いタイムです。, 今回ジャパンカップに出走するアイダホの全兄ですが、BCターフを制するなど実績では完全にこちらが上です。2016年の凱旋門賞でも2着に入った他、アメリカのセクレタリアトステークスを制したり、香港の香港ヴァーズも制するなどヨーロッパ以外の芝レースにも対応しておりスピードレースにも対応できることが分かります。, 三歳時に英1000ギニー、英オークスなど牝馬限定GⅠを四勝したあとは、牡馬との混合戦となるマイルGⅠクイーンエリザベス二世Sを制しています。, 引退後はわざわざ日本に来日してディープインパクトと種付けされ、2019年に初仔となる牡馬が誕生しています。, さてすべての活躍馬を追っていくと膨大な量になりそうなので、他の馬はまた今度追記するとして、傾向を探っていきたいと思います。, まず僕も活躍馬の成績を一通りチェックしてみて感じたのは、母系にDanehill(デインヒル)がはいっている活躍馬が目立つことですね。, また大雑把に言うと、母系は軒並みスピード血統が目立つことと、同じ系統のノーザンダンサー系の馬が多いというのも目につきます。, おそらくインブリードなどを意識してこのような配合になっているのかもしれませんが、ガリレオとスピード系種牡馬の母系との相性はかなりいいように感じます。まぁスタミナタイプの種牡馬にスピード型の父をもつ牝馬をつけるのは日本も同じですね。, 次に気になった点としては直仔の凱旋門賞との相性が悪いという点です。実際の所上位には来ていたり、孫世代のエネイブルが二度勝っているので相性は悪くないとも言えますが、英ダービーや各国のオークス、ブリーダーズカップなどの大きなGⅠを勝っている割に直仔だとファフンドが勝ったのみで1勝しかできていないというのは、もしかしたらスピードよりの配合になり過ぎている可能性はあります。, かつてはスタミナの権化のようなサドラーズウェルズの系統でしたが、代を経てその性質は変わりつつあるようです。, 凱旋門賞であまり結果を残せていない反面、イギリスなどアップダウンの激しいコースでは圧倒的な成績を残しているのがガリレオ産駒ですね。, ニューアプローチやフランケルなどは素晴らしい成績を残していますが、そのほとんどが国内のレースでした。, 地元で走っているガリレオ産駒の成績が比較的安定しているのに対して、フランスやアメリカで走っている産駒の成績はかなり不安定ですね。, 英・愛のダービー馬がそれぞれのチャンピオンSあたりに出走してきたときは買いですね。, ヨーロッパの馬は最近古馬になってから活躍し始める晩成タイプの馬も少なくなりましたが、大体のガリレオ産駒の一流馬は早い段階から素質を見せ始め、古馬になってからも安定した成績を残しているようです。また全体的に成績の安定している馬が多くあまり大敗している馬もいないような気がします。, 激走型というよりもレースに行って力をしっかりと出し切るタイプだと思いますので、調子や体調の見極めは大切でしょう。本命馬が人気に応えて勝つタイプなので人気薄は馬券から切っても大丈夫な感じがします。, 最後にこのガリレオという種牡馬をどう判断するかですが、昔はサドラーズウェルズ系の産駒と言えば、日本に来るとかなりモッサリしていて、完全にスピードに欠ける感じでしたが、アメリカなどの芝レースでもしっかり結果を残していることから、昔のイメージのままだと痛い目を喰らうような気がします。, またダービーに勝つような馬は2000ギニーなどのマイル戦でもほぼ好走しているので、日本の馬場でもパンパンの良馬場でない限り対応できるような気がします。また距離も場合によってはクラッシックディスタンスに対応できるのでるので、父サドラーズウェルズの近親馬のヌレイエフぽいというのがイメージしては想像しやすいのかもしれませんね。.
2020 ガリレオ 産駒 特徴