var menu = window.devnet.common.sidenav; レコード追加画面を開き、プラグイン設定画面で指定した絞り込み条件フィールドに値を設定します。 操作2 ルックアップフィールドの取得ボタンを押下すると、絞り込み条件フィールドの値で絞り込まれた結果が選択画面に表示されますので、レコードを選択して下さい。 プラグイン ... 画面上のダッシュボードまたは個別のグラフ単位にPDFや画像形式に出力することができます。また、可視化されている元データ … kintone のデータを ... 誰でもカンタンに設定できるデザイナ. 対象フィールドに、フィールド連動させたい「ラジオボタン」、「ドロップダウン」を設定します。 記事のリンク切れなど、気になる点がある場合も、こちらのフォームからフィードバックいただけますと幸いです。. ユーザが過去に設定した設定値を設定画面に再設定. プログラミングの知識がなくても適用したいプラグインをアプリに取り込み、設定画面で必要な設定をするだけでkintoneを機能拡張させることができます。 kintone.plugin.app.setConfig を利用して、プラグインの設定値を保存できます。 ファイルサイズの上限値は、20MBです。 プラグイン設定画面を開いた際に発火する JavaScript ファイルです。 設定画面用CSSファイル. kintoneの一覧設定画面とExcelを融合させたプラグイン設定画面は直感的に操作がしやすく、高機能な一覧作成が可能です。 Excelライクなデータ編集 kintoneでの作業でも、Excel感覚でデータの編集ができ、コピー&ペーストも可能で業務を効率的に進められるプラグインです。 }); ②プラグインを設定します。 アプリの設定画面から「設定」タブをクリックし、文字列結合プラグインの をクリックします。. 4.kintoneの印刷機能を少しだけリッチに! 標準機能では物足りない、少しだけ装飾できたらいいんだ!という、 そんなkintoneの痒い部分を解決すべく、弊社からプラグインを提供させていただきました。 その名も「簡易印刷設定プラグイン」! ただ、kintoneは優秀なので、レコード一覧画面で「絞り込み」という機能はありますが、パパッと検索したいときは条件を設定して絞り込むっていうのは手間ですよね。 検索拡張プラグインは設定も簡単なのに絞り込み検索ができる優れもの! 画面が自動的に、プラグインを設定したアプリの画面に切り替わります。 以上で「KANBAN(タスク管理プラグイン)」の設定は完了となります。 その他の設定の確認篇 3. kintone(キントーン)を使っていて、「もっと、こんな機能が欲しい」「もっと、こんな風に表示させたい」と思うことはありませんか?そんなときに便利な"プラグイン"をご紹介します。 プラグインとは? kintoneで利用できる拡張機能の1つで、 JavaScriptやCSSファイルなどを設定画面から読み込むだけで、 kintoneをさらに便利にカスタマイズできます。 プラグインの良いところは、なんといってもこちら! そのあと、使いたいアプリの設定画面でプラグインの設定をするという手順です。 ①kintone画面右上の歯車マークから[kintoneシステム管理]を開く ②[システム管理]>[その他]>[プラグイン] … プリントクリエイターのアカウント情報で「プラグインを利用する」にチェックを入れます。 みなさんこんにちは。プロジェクト・アスノートの松田です。2018年1月アップデートでkintone(キントーン)のアクション機能が強化されました。アクション機能(アプリアクション)では、アプリのレコードを新しく作るときに、同時に今開いているアプリのレコードデータを転記するとい … 中小企業のお客様に本当に必要とされているサービスを追及しています。 sideNavMenuSection(menu.tips); プラグインの画面で「プラグインの追加」をクリックし、JSEdit for kintoneをチェックを入れて選択して「追加」をクリックします。ここまでの作業でプラグインの設定は完了です。 設定画面用のCSSファイルです。 省略可能です。 設定を保存し、次にプラグインの設定です。 トライアルを申し込むとプラグインが送られてきますので、kintoneにアップロードして追加しま す。 次に、アプリの設定変更の詳細設定から「プラグイン」を開き、 先程追加した手書きプラグインにチェックを入れます。 簡易検索+プラグインは、kintoneのレコード一覧画面の上部に検索窓を追加するプラグインです。 【設定方法】 簡易検索+のプラグインをインストール後、プラグインの設定ボタンをクリックします。 「柳谷智宣のkintoneマスターへの道」第88回では、kintone上のガントチャートでプロジェクトを簡単に管理してみる。 kintoneプラグイン設定画面 まず初めに、setting.html上にテキストフィールドを作成し、テキストフィールド内に入力された情報をkintoneプラグインJavaScript APIのkintone.plugin.app.setProxyConfig()で保存していきます。 信頼できる企業製kintoneプラグインのご購入なら SmaBiz! ホームページを集客マシンに変えるために作られたCMS(コンテンツ管理システム)『MaxPress』 プラグイン設定画面で言うと、次の部分のみが設定が有効となります。 また、上記例だと設定1で使用する区分名は「全角→半角」ですが、変換マスタに同じ区分名で11レコード以上定義されている場合、優先順位上位10レコード分の変換のみ行われます。 本プラグインは、無償プラグインです。 同じドメインであれば、複数のアプリに設定が可能です。 また、バージョンアップにも無償で対応します。 (プラグインのバージョンアップ作業はお客様自身で対応をお願いします。 kintone(キントーン)の「拡張機能」をご紹介します。プラグインや外部サービスとのデータ連携でキントーンでできることがさらに広がります。JavaScriptやCSSファイルを用いた画面カスタマイズや、豊富なAPIを利用して100種類以上の外部サービスとデータ連携できます。 $(function(){ kintoneアプリを作成するのと同様にアプリ設定画面からプラグインの設定をすることが可能なので、誰でもカンタンに高機能をkintoneに追加できます。 上記で設定した内容は、再度ユーザがプラグイン設定画面に遷移した場合に、初期値として設定する必要があります。 これはkintoneのkintone.plugin.app.getConfigというメソッドを使います 公式HPから引用します。 kintoneの一覧をExcelのように表示したり編集したりできるようにするプラグインです。 実際に体験してから使い始めることのできる『kintone』、 Chobiit for kintone上で連携するアプリを設定します。 新規作成 「新規作成」ボタンからアプリの設定を行います。 各種設定が完了したら「保存」ボタンを押していただき、その後アプリ設定一覧画面から(更新)ボタンを kincone打刻プラグインの機能はとってもシンプルで、kintoneアプリの一覧画面にkinconeへ勤怠打刻するボタンを表示する、というものです。 設定もほとんど不要なので、プラグインを追加したらすぐに使い始めることができます。 kintone のアプリ開発において、「開発環境」と「本番環境」の別サブドメインを用意して、デプロイ API(またはそれを利用したデプロイサービス)を使用して開発環境から本番環境にアプリをデプロイするという運用を行う場合、開発環境で設定したプラグインの設定情報は、本番環境には反 … プラグイン設定画面内「読み込む」から進み、手順1でダウンロードしたプラグインを読み込んでください。 5. これ、kintoneの画面なんです。 「えええ!?」っと衝撃を受けたので、今回はkrewSheetの機能をご紹介したいと思います。 krewSheetとは. kintone(キントーン)の「拡張機能」をご紹介します。プラグインや外部サービスとのデータ連携でキントーンでできることがさらに広がります。JavaScriptやCSSファイルを用いた画面カスタマイズや、豊富なAPIを利用して100種類以上の外部サービスとデータ連携できます。 kintone プラグインマーケット。kintone(キントーン)アプリのカスタマイズは、信頼できるプラグインの導入でかんたん・低価格に!SmaBiz! 中小企業にあったツールを活用し、皆様に貢献いたします。, Copyright ©  福島県福島市・郡山市のkintoneカスタマイズとシステム開発は有限会社エーアイティ研究所, 福島県福島市・郡山市のkintoneカスタマイズとシステム開発は有限会社エーアイティ研究所, 「数字フィールドに対して自動的に全角から半角変換、カンマを除去した形で値を設定したい」, 「数字・カタカナ・アルファベットの全角・半角、大文字・小文字を自動的にどちらかに統一したい」, 「区分」用フィールドは変換情報を括るためのフィールドです。名称は何でもOKです。区分は全て同じ文字列にしても問題ありませんが、分けておくことでプラグイン設定画面では区分を組み合わせて変換させる設定が可能になります。, 「優先順位」用フィールドは、変換処理を行う際にどの順番で行うかを定義するためのフィールドです。数字が小さいほど優先度が高いと判断します。例えば上記例の区分=”全角→半角”においては、優先順位が全て10で定義されていますが、このような場合は変換前文字を昇順に並び替えた順序で変換処理を行います。, 「変換後文字」用フィールドは、変換前文字に設定した文字をどの文字に置き換えるかを定義するためのフィールドです。例えば「あいうえお」という文字を空欄にしたい場合、このフィールドには何も設定しないようにします。, “アクティベーションキー”は、プラグイン設定画面を開いた際に自動的に読み込まれます。, “プラグインの有効化”は、本プラグインを有効にする場合は「有効」を、無効にする場合は「無効」を選択してください。, ①の「対象テーブル」では、テーブル内のフィールドに対して変換を行いたい場合に、対象のテーブルを指定します。テーブル外のフィールドの場合は何も選択しません。, ③の「使用する区分名」では、変換マスタに定義した区分を入力します。複数設定した場合、左に設定した区分から順に変換処理が行われます。. // ]]>, 記事のコメント欄は記事に対するフィードバックをする場となっております。 前回の「kintoneプラグイン開発入門 【Part1: メリット編】」にて、カスタマイズではなく、kintoneプラグインを使用するメリットについてお伝えしました。, であることをお伝えしましたが、4の「重要な情報の隠匿」に関しては、kintoneプラグインでどのようにして情報を隠匿しつつ運用することができるのかどうか、伝わりにくかった部分も多かったと思います。そこで今回の記事では、kintoneプラグインではどのようにすれば情報を隠すことができるのかを、実際にデモを行いながら解説していきたいと思います。, kintone.plugin.app.setProxyConfig() と kintone.plugin.app.proxy() をうまく活用すれば、API token などの重要な情報などを kintone サーバー上に保存して、必要な時に取得できます。, を使用しています。 今回は上記の環境で構築しましたが、リクエストのヘッダー情報が確認できる環境であれば、別の環境でも問題ありません。(例:Apache + PHPなど)また、検証のブラウザは今回はGoogle Chromeを使用しています。, 上記の環境でサーバーサイドを構築し、こちらのサーバーにkintone側からkintoneプラグインJavaScript APIを用いてリクエストを送り、リクエストがどのように送られているのかどうかを実際に確認していきながら、検証したいと思います。, 手順1:プラグイン上で、kintone.plugin.app.setProxyConfig()で情報をヘッダーに設定する(ヘッダーA)↓手順2: カスタマイズ用JavaScriptファイル上で、別の情報をヘッダーに設定する(ヘッダーB)↓手順3:kintone.plugin.app.proxy()でサーバー側にリクエストを送信する。↓手順4:手順3で送信したヘッダー情報の中で、ヘッダーBの情報は確認できるが、ヘッダーAの情報が確認できないかを確認する。↓手順5:サーバー側の確認。ヘッダーA,ヘッダーBの情報を見ることができるかどうかを確認する。↓プラグイン側で保存した情報が隠匿されていることが確認できる!, Node.jsの開発環境は、AWS上で以下のような手順で実行し、環境構築しました。, 今回は、上記の手順で生成したアプリのうち、「./routes/index.js」のみを使用し、進めていきます。 index.jsを以下のように編集していきます。, 今回は、URLのパスを「指定のURL/api/data」、HTTPメソッドをPOSTに指定して、ログを表示するようにしてみます。これで、サーバーサイド側の準備は完了です。, Node.js,Expressの詳細に関しては、こちらの公式ドキュメントをご確認ください。Express公式ドキュメント, 次に、kintone側で、kintoneプラグインJavaScript APIを用いて、上記で構築した情報を保存していきます。今回はプラグイン設定画面で情報を保存し、kintoneレコード一覧画面でサーバ側にAPIリクエストを送る簡単なプラグインを作成し、それを用いて実行してきます。(今回使用したサンプルプラグインはこちらで公開しています。), まず初めに、setting.html上にテキストフィールドを作成し、テキストフィールド内に入力された情報をkintoneプラグインJavaScript APIのkintone.plugin.app.setProxyConfig()で保存していきます。以下がサンプルコードです。, 次に、プラグイン設定画面用のJavaScriptファイルである「config.js」にプラグイン上に情報を保存できるようコードを書いていきます。, 次にPC上のカスタマイズ用のJavaScriptファイルである「desktop.js」にkintoneプラグインJavaScript APIのkintone.plugin.app.proxy()をkintoneの一覧画面を開いたときに実行するようにコードを書いていきます。, この2つの変数を用意し、これらがどのようにコンソール上などで表示されるのかどうかを見ながら検証していきたいと思います。, 実際の検証に入る前に、kintoneプラグインJavaScript APIを用いる際の注意点も少し記載しておきます。 kintoneプラグインJavaScript APIを用いてリクエストを送る際の注意点としては、外部のAPIの実行に必要な情報をプラグインに保存するにも記載されているように、 「kintone.plugin.app.setProxyConfig()」で設定した情報と、「kintone.plugin.app.proxy()」で設定した情報の中で, まず初めに、プラグイン設定画面で、インプットフィールドに、proxyで保存するテキストを入力します。今回は、「kintoneProxyTest」とします。, 保存した後に、アプリを更新し、レコード一覧画面に戻ると、自動的にkintone.plugin.app.proxy()を実行します。レコード一覧画面で、Google developer consoleの「Network」の「XHR」欄にある、今回送ったリクエストのヘッダーを見てみると(こちらが手順4です), このように、カスタマイズ上で保存した変数はheadersで確認できますが、プラグイン上で保存した変数は確認出来ないことが分かります。 しかし、Node.js上のコンソールを確認してみると、(こちらが手順5です), このように、kintone.plugin.app.setProxyConfig()とkintone.plugin.app.proxy()をうまく活用すれば、API tokenなどの重要な情報などをkintoneサーバー上に保存して、必要な時に取得することができます。今回は、検証のためサーバーを構築しましたが、実際によく使われるパターンとしては、SlackやGoogle各種サービスなどといった外部サービスとの連携がとても多いです。, 一例として、SlackのAPIを使った連携事例は、こちらの続編の記事で公開しているので、よければご覧ください。, カスタマイズでも外部サービスとの連携は可能ですが、今回の検証で明らかになったように、カスタマイズ画面上でAPI tokenなどの情報を使用してしまうと、Google Developer Consoleなどを用いれば、誰でもその情報を見ることができるようになってしまいます。 なので、安全、確実に運用したいという方は、是非プラグイン制作も検討してみてください。, //
2020 kintone プラグイン 設定画面