すり足の原因 . 有料老人ホームをお探しなら、安心介護のイリーゼ。入居金0円プランや30,000円減額制度、ショートステイやデイサービス等、充実した介護サービスをご提供いたします。食事・レクリエーション・医療連携体制も万全です。 このブログでは『高齢者福祉に従事している方』『ご家族の介護をしている方』に向けて、理学療法士として学んだことや経験したことを分かりやすく発信しています。 歩行が困難になる病気 歩きづらいと感じる? のは、生まれつきの骨の異常であったり、脳内で異常が起きている場合にも起こります。その他には、関節の炎症や脱臼によるものや、何らかの原因で、筋肉が萎縮してしまっても、歩行障害につながります。 ©Copyright2020 キクマブログ.All Rights Reserved. 高齢化が進み高齢者の前のめり(前傾)で歩行している人を見かけます。みなさんの身近にもいらっしゃるのではないですか?「助けてあげたいけどどうしたら良いのか」「言っても言うことを聞かない」など周りの人も悩んでしまうこともあると思います。 地面と足が接している時間が長く、足を高く上げずに歩く「すり足」歩行も、衰弱している高齢者の特徴です。脚を交互に出す際には、片足で体を支えなくてはなりません。身体機能が低下すると、これが難しくなり、歩行時の両足支持時間が長くなります。 すり足になる原因として、筋力の低下が挙げられます。足を高く上げる筋力が不足しているのも一因ですが、他にも体のバランスをとりづらくなっているという要因もあります。片足立ちの姿勢を保持できないと、安定した歩行ができません。足首の … 歩行では、床とつま先の空間が十分に確保されていない場合に、トウクリアランスが低下している!なんて表現されます。でもフットクリアランスって言葉も聞いたことあるぞ…?さて、この2つの違いは何なのでしょうか。 すり足は転倒の前兆とも呼ばれていて、高齢者の方に多く見受けられる歩き方の一つです。, そのまま放置しているとやがては歩いているときにつまづいて転倒し骨折、入院、寝たきり、認知症、徘徊など数々の負の連鎖を発症する可能性があります。, しかし今からでもすり足のリハビリトレーニングを行うことで未然に防ぐことができます。, これは高齢者の方は視力の低下もあることから、明らかにわかる段差であればみえているのですが、わすかな段差は全くみえていないのです。, 若いときはつまずいても体幹力でカバーしたり、反射的に対応できましたが年齢を重ねるとそうはいきませんよね。, 認知症は脳の海馬という記憶を司る部分が小さくなるために発症するともいわれていますが確かな原因は未だ突き止めていません。, しかし人と会って話しをしたり、趣味を楽しんだりしている人は認知症になりにくいとも言われています。, 体重が増えれば余計に運動が億劫になります。そして肥満が形成され内臓疾患や糖尿病等を誘発することもあるのです。, こうなってしまっては入院生活や、食事制限が待っています。そうならないためには積極的にカラダを動かしていくことが大切ですね。, 高齢者の方は筋力の低下が顕著にみられます。特に人体の70%を占める下肢の筋力低下がメインになります。, 筋力低下とすり足には大きな関係があり、常日頃から鍛えておくことですり足を予防したり、回復させたりすることができるのです。, 始めて聞いた方もいらっしゃるかもしれません。すり足になる原因の多くは上半身と下半身を繋ぐ腸腰筋が低下することで発症します。, みての通り骨盤周りに付着している筋肉であり、下半身から上半身にかけて繋がっている筋肉ですね。, この腸腰筋は骨盤の安定性や、姿勢の維持にも関連しているため、鍛えていると猫背になることを防ぐ働きもあります。, しかし、年齢とともに筋力低下に陥るとだんだんと弱くなるために姿勢も崩れてくるのです。, 腸腰筋が弱くなった人は右の姿勢のように背中が丸くなり、骨盤が後ろに傾くようになります。, 実はすり足になっている人の多くはこの腸腰筋の筋力低下から猫背を誘発している場合がほとんどなのです。, 俗にいう体幹と呼ばれる部分ですね。特に高齢者の方は猫背姿勢でいることが多く、腹筋はギューッと縮まっていることが多いのです。, また腹筋が弱くなると姿勢が崩れ始め、更には呼吸筋である横隔膜までもが縮むことで呼吸量の低下、ストレスの蓄積に繋がります。, すり足を改善するためののリハビリとして腸腰筋と腹筋の両方を同時に鍛える必要があることを覚えておきましょう!, 腸腰筋は上半身と下半身を繋ぐ筋肉でしたよね。ここを鍛えることで歩くときの一歩一歩が高くなるのです。, 2つのトレーニングを毎日継続していきましょう。すると徐々に姿勢がよくなることを実感しすり足が改善してくるのです。, ご家族の方からも協力を頂き、ぜひ毎日挑戦してくださいね。筋肉は唯一年齢に関係なく成長するものです。. 立ちっぱなしや座りっぱなし、歩きっぱなしなど、長時間同じ姿勢を取り続けていると足がむくむ、ということは経験則的に知っている人も多いでしょう。こうしたむくみは加齢とともに起こりやすくなるものですが、高齢者の足のむくみはどうして起こるのでしょうか? すり足歩行とは、足の筋力低下によって、歩く時につま先が上がりにくくなってしまうことです。 すり足で歩くと、つまずきやすくなります。 歩道のタイルの数ミリの高さにつまずき、フラットな場所でもつまずいて、あれ?どうしたのかしらって不安に思ったことありませんか? 転倒の原因となってしまう『すり足歩行』。今回はすり足歩行の原因の一つである『つま先が上がらない』について、簡単に説明しつつ、自宅でも行えるトレーニング方法を紹介します! 対象は自立歩行が可能な65歳以上の高齢者30名(男 性6名・女性24名),年齢77.2±7.8歳,身長155.5 ±7.2 cm,体重51.3±10.2 kgとした(平均値±標準 偏差). 対象者を,前期高齢者群と後期高齢者群に分類し,さ らに前期高齢者を「つまずき」が原因で転倒に至った群 整形疾患に多い歩行障害 3. 脳神経疾患に多い歩行障害 2. なぜ歩きにくいのか、その原因は足だけに止まらず、脳や脊髄、その他に負った外傷など様々な原因が考えられます。. 高齢者が転倒するのはなぜ?. パーキンソン病のすくみ足のメカニズム、原因と対処法、リハビリでの対策、改善方法について解説します。すくみ足に対する評価、治療方法、アプローチ方法で悩んでいる方は参考にしてみてください。 一言でいえばつま先が上がっていないのですが、その原因にも様々あります。例えば、 ・姿勢が悪い(猫背) ・腸腰筋が弱い ・下腹部の筋肉が弱い ・目線が下向きになっている ・膝が曲がっている. 40歳代からは筋肉が、50歳代からは筋肉に命令を伝える神経の働きが衰えてきます。 その言葉通り、年を取ると脚の筋力が落ちるのは当然のことですが、認知症によって歩行困難に至る場合が … 歩行は日常生活動作において重要な機能であり、歩行能力の低下は日常生活動作(ADL)レベルの低下につながります。歩行能力の中でもとくに、歩行速度は死亡リスクとの関連性も強く、高齢者の身体機能、日常生活機能の指標となります。歩行速度が速いほど生活機能が維持しやすく余命も長いとされています1)。 65歳以降では歩行速度は徐々に低下し、男性80歳以降、女性75歳以降になると日常生活に支障をきたすようになります。女性では男性よりも5年早く歩行能力が低下し、それに伴い生活機能の … 宮城県在住の理学療法士『キクマ』です! 片足ずつ交互に、足踏みをする(5回) 歩行機能を改善する効果があります! あすなろ園デイサービス 高齢者の転倒の原因に「すり足歩行」が挙げられます。 「すり足歩行」とは、脚の筋力の低下によって、歩くときにつま先が上がりにくくなってしまうことです。 すり足歩行になってしまう原因は様々ですが、今までご高齢の方々と関わってきて多かった3つの原因を紹介します。 ①つま先が上がらない つま先を上げるには、前脛骨筋という前すねの筋肉の働きが必要で … 私達理学療法士は「動作」の専門家です。その中でも「歩行」に関する知識は他の臨床家と差別化できるところでもあります。リハビリで歩行の専門家=理学療法士として歩行に関する知識をまとめてみました。歩行観察の要となる基本的な歩行周期の知識に沿ってメカニズムを解説しています。 歩行障害の種類を中心に、原因や病気の可能性を解説しました。 外傷の他に様々な病気が原因としてあげられますが、まずは治療を受け、手術後はリハビリテーションに励むことが重要です。 歩行障害とは、 「歩きにくさ」を感じる以外にも、そもそも「歩くことができない」という状態 も指します。. 歩くときふらつく 年をとると一般に、若いときに比べてふらつきやすくなります。 多少のふらつきは、ある程度は自然な加齢現象といえますが、急にふらつきが多くなったと実感できるときは、何らかの原因があると考えるとよいでしょう。 おはようございます。本日、デイサービス ジョイリハがご紹介するのは、すり足歩行改善についてです。 すり足歩行とは、どんな状態を指すのでしょうか?すり足歩行とは、足の筋力の低下によって、歩くときにつま先が上がりにくくなってしまうことです。 大腰筋トレーニングには能のすり足が最適です。大腰筋は足を上げる働きがありますが、じつは足を上げる最初の小さな動きだけ。それ以降はももやお尻の筋肉が働きます。そして能のすり足は一足の長さが一歩分。大腰筋でまかなえる動きしかしないためトレーニングになるのです。 何らかの支障があって安全に歩けない障害を「歩行障害(英語:gait disorder)」と言います。 歩行障害には、「異常歩行」という形で、それぞれ特徴から種類で識別されています。 今回は、わかりやすく 1. 認知症による歩行障害についてご説明します。 昔から 「老化は足(脚)から」 と言われますね。. 本来歩いているときは足の裏が床に接地したり離れたりします。 この離れる期間がほとんどない状態で歩くことをすり足歩行と言います。 これは小刻み歩行同様に 姿勢反射障害、筋の固縮 から生じると考えられます。 突進歩行 歩きたいのに歩けない。歩行障害とはどんなものでしょうか。歩行障害の原因・種類は多種多様ですが、本記事では「脊髄小脳変性症」や「脳卒中」「筋萎縮性側索硬化症」など、代表的なものをご紹介します。 学生さんや1年目の理学療法士さんは絶対悩む種 歩行分析がわからない… 歩行分析がうまく出来ない… 私たち理学療法士は歩行を観ることを得意としています。 立脚や遊脚の時期を分けたり 各層の筋活動を研究してみたり 脳への影響を考えたり 歩行をふか〜〜〜く考えて来たのです。 これがつまずきの原因です。 多くの高齢者は下半身の筋力が低下し、歩く際に脚を上げることが困難になっています。脚が上がりにくいため、すり足歩行になってしまい、小さな段差などでもつまずいてし … 歩行時、写真のように足が接地した際に骨盤が前傾したり、お尻が引けてしまい後方重心になる場合は大殿筋の筋力低下を疑います。 このような歩行を大殿筋歩行といいます。 大殿筋とは すり足歩行になる原因はどこにあるの? 高齢者の方は筋力の低下が顕著にみられます。 特に人体の70%を占める下肢の筋力低下がメインになります。 すり足歩行とは、足の筋力の低下によって、歩くときにつま先が上がり にくくなってしまうことです。 つま先が上がらないのでつんのめりやすくなったり、 歩行は日常生活動作において重要な機能で、歩行能力の低下は日常生活動作(adl)レベルの低下につながります。歩行能力のうち高齢者の身体機能の指標となる歩行速度は、高齢者の生活機能低下に大きく関わるフレイル、サルコペニアの評価基準としても用いられています。 つまずく原因は4つあると、『アヴェニュークリニック』副院長の澤田彰史さんは言う。 「それは、ふくらはぎと太ももの筋力低下、背筋の減少、そして、蹴る力が弱まること。改善すれば、高齢であっても、つまずかずに歩けるようになりますよ」(澤田さん) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 100まで現役!高齢者の筋トレ、ストレッチ方法 All Rights Reserved. すり足歩行. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ◆高齢者に関わる仕事をしているが、担当している方がつまづくから怖くて目が離せない!, しかし、そのような転倒しそうな方に限って『大丈夫、大丈夫』と言って気にしていないことも多いですよね。, 前回の記事にて『高齢者の転倒は怖い』ということを説明しましたが、今回はもう少し深掘りして、転倒しやすい歩き方の一つである『すり足』について分かりやすく説明します!, 理学療法士は、患者さんの歩き方を毎日毎日見ています。それも、ただ見ている訳ではありません。, 外から見れば、おしゃべりしながら楽しそうに歩いているだけに見えるかもしれませんが、実は運動学や解剖学、生理学などの様々な知識をフル活用しながら『歩行分析』を行なっています。, 毎日毎日患者さんの歩き方を見ていると、『つまづいて前に転ぶ危険が高そうだ』とか『後ろにふらついて尻もちをつきそうだ』など、どのような方向にどう転ぶ危険が高いか、ということが予想出来るようになってきます。, 歩き方から『どのように転倒するか』を予測すれば、転倒の危険を大幅に下げる事が出来ますので一緒に勉強していきましょう!!, ご高齢の方はすり足歩行になる人がとても多く、少しの段差や障害物につまづいて転びやすくなってしまいます。, すり足歩行になっているかどうかは、歩いている時に『足をどこから着くか』を見ればすぐに分かります。, なぜなら、すり足歩行の方は『踵から接地すること』が出来なくなっているからです。その為、踵から接地していれば越えられた少しの段差や障害物につまづいてしまい、転倒する危険が高くなるのです。, すり足歩行になってしまう原因は様々ですが、今までご高齢の方々と関わってきて多かった3つの原因を紹介します。, つま先を上げるには、前脛骨筋という前すねの筋肉の働きが必要です。この前脛骨筋の筋力が低下するとつま先が上がらなくなります。, また脳卒中や脊髄の疾患により麻痺がある方、糖尿病による末梢神経症状がある方などは筋肉自体があっても、つま先を上げることが出来なくなります。, 筋力低下がなくても背中が丸まっていると、物理的に足を持ち上げる筋肉が働きづらくなり、すり足歩行になりやすいです。, ご高齢の方は、バランスをとる為に両足でしっかりと踏ん張って立っている方が多くいらっしゃいます。, そのような方は歩く時にも両足での踏ん張りが抜けずに、体重の左右移動が不十分となり、片足を浮かせる時間が短くなってしまいます。片足を浮かせる時間が短くなってしまうことで、足を上げる時間が取れなくなってしまう為、すり足歩行になりやすい傾向があります。, すり足歩行の方が転倒しない為には、すり足を改善する事が一番かと思いますが、様々な疾患等の個人差により改善が難しい場合もあります。, 少なくともすり足歩行の方と歩く時に、転ばせてしまわないように転びやすい方向を覚えておきましょう。, 姿勢やバランスの取り方、歩行速度にもよりますが、一般的にすり足歩行によって転倒する可能性が高いのは、つまずきによる『前方』への転倒です。, すり足歩行がみられ、一日に何度もつまづいているような方と歩く時は、『前方』に倒れやすいということを念頭に置いて、前方に倒れた時にも支えることの出来る位置(側方または前側方)で歩くことをおすすめします。, つまづいて前方に転んでしまうと、手をついて腕を骨折したり、膝をついて足の付け根を骨折してしまう危険があります。, すり足歩行の方と一緒に歩く機会のある方は『段差や障害物があることを先に言う』『つま先を上げるように声をかける』『側方または前側方で一緒に歩いていつでも支えられるようにする』などを心がけて、転倒を予防しましょう!!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. すり足歩行の原因. 歩きたいのに歩けない。歩行障害とはどんなものでしょうか。歩行障害の原因・種類は多種多様ですが、本記事では「脊髄小脳変性症」や「脳卒中」「筋萎縮性側索硬化症」など、代表的なものをご紹介し … すり足を改善する効果があります! 学研究から健康寿命の延長には運動機能,なかでも歩行機 能の影響が大きいことから,歩行機能を維持することの重 要性が強調されている1). 厚生労働省が発表した平成22 年国民生活基礎調査によれ ば,介護が必要となった主な原因は,脳卒中などの脳血管 歩行分析は見るべきポイントがたくさんあって、慣れないうちは正直難しいですよね。 「何を見れば良いのやら…」とわからない方もいらっしゃると思います。 上達するには場数を踏むしかありませんが、やはり基礎的な知識を知っていた方が習得は早いです。 転倒の一番の原因は「すり足」ですが、すり足の原因は、実は下肢筋力の低下だけではなく、 お腹から骨盤にかけて存在する筋肉「体幹筋」が衰えてくること でも起こります。. 学研究から健康寿命の延長には運動機能,なかでも歩行機 能の影響が大きいことから,歩行機能を維持することの重 要性が強調されている1). 厚生労働省が発表した平成22 年国民生活基礎調査によれ ば,介護が必要となった主な原因は,脳卒中などの脳血管 本来歩いているときは足の裏が床に接地したり離れたりします。 この離れる期間がほとんどない状態で歩くことをすり足歩行と言います。 これは小刻み歩行同様に 姿勢反射障害、筋の固縮 から生じると考えられます。 突進歩行 いかに歩行が重要なものかが分かりますね。 歩行に必要な筋肉を十分に意識しながら歩いてみてください。 次回は歩行速度を落とさないための筋力トレーニングをご紹介いたします。 「足の運動も散歩もしているのに、最近なぜかつまづきやすくなった」なんていう事ありませんか?高齢者が転倒を防止するためには、どこを鍛えれば良いのでしょうか?実は、転倒を防止するには下半身の筋力を鍛えるだけでなく、体幹を鍛えることがとても重要なんです。 身体機能の低下によってすり足で歩きがちな高齢者は、カーペットや敷居などのちょっとした段差でも足を取られて転倒することがあるので、居間などの居室についても注意が必要です。時には、段差のない廊下やフローリングで足を滑らせることもあります。 また、足を踏み外しやすい階段� 「歩行障害」とは、歩行に必要な体の各部位が先天性または後天性による何らかの障害の影響を受ける事で、歩行困難もしくは全く歩けない状態のことをいいます。 「歩く」ためには、ただ単に足の筋肉を使うだけではなく、脳が命令を出し、その命令を伝える神経の働きが必要になります。 そのため、歩行障害の原因には筋肉組織や骨組織そのものの損傷だけでなく、脳組織、神経組織の影響を受けているケースもあります。 また歩行障害は、脚全体が正常に動かせない場合と、膝や足首など特定の部位の動 … すり足歩行. 歩行や行動に、スピードがなくなった; すり足で、つま先から足を進めるようになった; 歩幅が狭く、足元を見て歩く; 歩行時、つま先が上がらず、つま先で地面を蹴れない . 歩行障害の大きな原因は足の筋力が低下することなので、日頃から運動をする習慣を持つことが大切です。 全身の筋肉の実に3分の2が下半身に集中していて、足は第二の心臓とも言われているので、歩行障害を予防するためには歩くことが一番のトレーニングになります。 すり足運動と足踏み運動後の身体バランスに及ぼす検討 : すり足運動と足踏み運動後の身体バランス反応 松田 雅弘 , 越田 専太郎 , 宮島 恵樹 , 高梨 晃 , 野北 好春 , 川田 教平 , 兎澤 良輔 , 遠藤 元宏 , 塩田 琴美 , 橋本 俊彦 了徳寺大学研究紀要 (6), 63-69, 2012 大腰筋トレーニングには能のすり足が最適です。大腰筋は足を上げる働きがありますが、じつは足を上げる最初の小さな動きだけ。それ以降はももやお尻の筋肉が働きます。そして能のすり足は一足の長さが一歩分。大腰筋でまかなえる動きしかしないためトレーニングになるのです。 そもそも、この記事で「跛行(はこう)」と表現しているが、跛行とは何だろう? リハビリ(理学療法・作業療法)の対象となるクライアントは「正常から逸脱した歩容」を呈している場合が多く、それを『異常歩行・異常歩行』と表現することがある(あるいは、この記事で記載している固有の用語で表現することもある)。 そして、「狭義な異常歩行・歩行障害」を『跛行(Limping)』と呼ぶことがある。 跛行(狭義な異常歩行・歩行障害)は「びっこやつりあいのとれない歩行」という意味であるが … 転倒の原因となってしまう『すり足歩行』。今回はすり足歩行の原因の一つである『つま先が上がらない』について、簡単に説明しつつ、自宅でも行えるトレーニング方法を紹介します! 高齢者になると足腰が弱くなりがちです。ただ、リハビリで改善することは可能です。歩けなくなることは、身体面だけでなく精神面にも影響しますので、歩行訓練は重要です。歩行訓練の効果やトレーニング方法について詳しく解説していますのでぜひ参考にして下さい。 高齢者の歩行困難は ”すねの筋肉の張り” が原因の一つである どうも、ゆるたです。 20歳からパーソナルトレーナーとして活動を始めて22年目に突入しましたが、同じ仕事をこんなにも長く継続しているのも好きなことを職業にできているからだと思います。 片足を上げ、ひざを伸ばす。 (左右交互に3回) 転びにくくなります! 歩行時に骨盤が前傾する。または後方に重心が残ってしまう. この記事では、リハビリ(理学療法・作業療法)と関連のある『跛行(歩行障害・異常歩行)』について分類した記事である。一口に「跛行(歩行障害・異常歩行)」と言っても、その種類は無限に存在するが、そんな異常歩行の中でもメジャーなものの一部を掲載している。 高齢者に多い歩行障害とは歩行障害とは、高齢者に代表される運動障害の一つであり、日常生活にさまざまな障害をもたらします。60歳以上の高齢者の15%以上が、なんらかの歩行障害を自覚していると言われており、要介護者の場合は、さらにその割合が高くなります。 シニアの皆さんを元気にしたい!そんな想いから情報発信する応援隊です!トレーナー経験7年、これからの高齢化社会に役立つ情報を載せていきます。人生100年時代を生き抜くために是非学んでいきましょう。. このブログにより、大切な人の健康を支える手助けができたら幸いです。. つまずきやすい原因の1つとして「下半身の筋力の低下」が挙げられます。 下半身の筋肉がきちんと機能していると、歩行の際に脚をしっかり上げることができるので、段差につまずくことはありません。しかし、歳を重ねるにつれ全身の筋力は衰えていきます。これがつまずきの原因です。 多くの高齢者は下半身の筋力が低下し、歩く際に脚を上げることが困難になっています。脚が上がりにくいため、すり足歩行になってしまい、小さな段差などでもつまずいてしまうのです。 また、自分では脚を十分上 … 高齢者になると足腰が弱くなりがちです。ただ、リハビリで改善することは可能です。歩けなくなることは、身体面だけでなく精神面にも影響しますので、歩行訓練は重要です。歩行訓練の効果やトレーニング方法について詳しく解説していますのでぜひ参考にして下さい。 転倒しないための歩き方にはコツというか、ある一定の条件を満たしている必要があります。私が臨床のリハビリで、どのようなところを見てその患者さんの転倒リスクを判断しているのか、その方法をお伝えします。歩行のメカニズムは精巧にできている! 歩行障害を引き起こす症状についてみていきましょう。 歩行障害の多くが、その症状のリハビリだけでなく、原因を取り除く根本的治療と併用することで軽減される傾向にあります。 歩行障害の原因になる代表的な病気には次のようなものがあります。 この突発性正常圧水頭症は原因不明なのですが、反対に原因 ... の歩行障害の症状である小刻み歩行は「レビー小体型」でも見られますが、足を開き、すり足で歩行するという特徴があり、転回時の不安定感や転倒のしやすさ、歩き出しや停止のしづらさにより差異が認められます。 また意欲や 心因性や原因不明の歩行障害 にわけて解説していきますよ! 歩行分析は見るべきポイントがたくさんあって、慣れないうちは正直難しいですよね。 「何を見れば良いのやら…」とわからない方もいらっしゃると思います。 上達するには場数を踏むしかありませんが、やはり基礎的な知識を知っていた方が習得は早いです。 より原因を絞っていくため、四点杖歩行ではなく平行棒内で歩行観察をしています。理由は左側(非麻痺側)や体幹の動揺を抑え、かつバランスの問題も取り除くためです。 平行棒で歩行してみても、右足尖の引っかかりは認めています。 原因追求 歩行分析における、「上半身・胸部」「骨盤・股関節」「膝関節」「足部」のアライメントを更新しております。今回は、成長期の踵の痛みと歩行についてです。治療やリハビリに歩行分析を取り入れたい方必見、無料で「動作分析と治療マネジメントハンドブック」をプレゼント! 立ちっぱなしや座りっぱなし、歩きっぱなしなど、長時間同じ姿勢を取り続けていると足がむくむ、ということは経験則的に知っている人も多いでしょう。こうしたむくみは加齢とともに起こりやすくなるものですが、高齢者の足のむくみはどうして起こるのでしょうか? などなどです。
2020 高齢者 すり足 歩行 原因